このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
町田市


サイトメニューここまで
本文ここから

水道局を装った悪質な訪問販売にご注意を!

更新日:2018年3月29日

水質検査と称してお宅に上がりこみ高額な浄水器を売りつけたり、やってもいない漏水修理の代金を請求したりする、悪質な訪問販売が多発しています。

具体例

「水道局のほうから水質検査に来ました。」と言うので、水道局の職員だと思い、自宅にあげてしまった。
台所に行き、透明なコップに水道水をそそぎ、粉を入れるとピンクに変色した。「これは長く飲むと健康によくない水なので、この蛇口を取り付けたほうが良い」と勧められ取り付けてもらった。
取り付けた後に、「月々190円かかる。口座振替になるので、口座番号を教えてほしい。」と言ってきた。「口座番号は教えたくないので、外してくれ」と言うと、「外せない。口座振替が無理なら、一括で30万払え。」と断られた。
翌日、仕方なく現金30万円を渡してしまった。

他にはこんな手口があります

  • 水道局を名乗る者から電話があり、「検針の結果、漏水の疑いがあるので、2日後に業者を派遣します」と言われ、2日後にきた業者と高額な契約をしてしまった。
  • 水道局を名乗る者が訪問してきて「水道メータの交換を行った」と言って、高額な交換代金を払ってしまった。
  • 水道局から委託されたと名乗る人が「給水管の点検・清掃をしに来た」と訪問してきた。清掃後、高額な料金を請求してきた。

トラブル防止のポイント

水道局では、浄水器などの販売・宅地内の漏水修理・給水管や配水管の清掃は行っていません。

あやしいとおもったら

  • 水道局の関係者だと思っても、簡単にお宅内へ入れないでください。
  • その場で身分証明書の提示を求めて、水道局または水道局の委託会社の職員であるか確認してください。

もし、契約をしてしまったら

訪問販売では、契約書面を受け取ってから8日以内であれば、クーリング・オフ制度により書面で契約を解除できます。
詳しくは、消費生活センターへお問い合わせください。

消費生活相談

商品やサービスに関する契約上のトラブルや商品の安全・品質・苦情等、消費生活に係る相談を専門の相談員がお受けし、助言やあっせんを行っています。
不安なことがありましたら、消費生活センターへご相談ください。

消費生活相談の詳細はこちらから

このページの担当課へのお問い合わせ

担当課:
市民部 市民協働推進課 消費生活センター
電話:
042-725-8805
FAX:
042-722-4263

WEBでのお問い合わせはこちら(専用フォームへのリンク)