町田市バイオエネルギーセンターで火災が発生しました(2022年6月11日)

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2022年6月14日

「燃やせないごみ」の中に、発火するおそれのあるごみ(スプレー缶やガスライター・リチウムイオン電池等)を混ぜないでください

町田市バイオエネルギーセンターで火災が発生しました。
火災の原因は特定できていませんが、燃やせないごみの中に発火するおそれのあるごみ(リチウムイオン電池やスプレー缶・ガスライター等)が混入していたためと推測されています。また、3月には燃やせないごみの収集車で、スプレー缶が原因とみられる車両火災も発生しています。
火災が発生した場合には、消火活動のため、様々な機械を停止させるだけでなく、工場内へのごみ収集車の搬入を止めることになります。
町田市バイオエネルギーセンターは、市民の皆様の家庭から出される燃やせるごみ、燃やせないごみ、粗大ごみを受け入れている市内唯一のごみ処理施設です。火災等により施設の稼働が止まった場合、ごみ処理に大きな影響を及ぼすことになります。
施設内でも、事故のないように選別に努めています。
発火するおそれのあるごみにつきましては、「資源とごみの出し方ガイド」や「町田市ごみ分別アプリ」をご確認いただき、ごみの正しい分別と出し方にご協力ください。

破砕物搬送コンベヤ内で火災が発生しました

2022年6月11日(土曜日)午前9時4分頃、町田市バイオエネルギーセンターの不燃・粗大ごみ処理施設内の一部で火災が発生しました。
経過は下記のとおりです。

火災発生場所

町田市バイオエネルギーセンター内:不燃・粗大ごみ処理施設内のNo.1破砕物搬送コンベヤ

経過

午前9時4分頃:不燃・粗大ごみ処理施設2階フロアで煙に気づき、消火活動を開始
午前9時5分頃:火災検知器作動
午前9時9分頃:町田消防署に通報。安全のため、ごみの搬入を全面停止。
午前9時16分頃:消防署・警察署到着(消防車両10台・警察車両2台来場)
午前10時40分頃:ごみの搬入再開(消防署の確認は継続)
午後0時5分頃:24時間警戒待機の消防署のポンプ車1台を残し、ほかの消防・警察車両は退出
翌日午前9時25分頃:消防署が異常ないことを最終確認し、警戒待機終了

発火原因

消防機関による詳細調査は今後になります。
発火原因としては、発火性のあるリチウムイオン電池やカセットボンベ、ガスライター等が考えられています。

このページの担当課へのお問い合わせ
環境資源部 循環型施設管理課

電話:042-797-2732

ファックス:042-797-9167

WEBでのお問い合わせ