このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
町田市


サイトメニューここまで
本文ここから

住民基本台帳カードについて

更新日:2018年12月11日

住民基本台帳カードの交付終了について

マイナンバー制度(社会保障・税番号制度)の開始により、住民基本台帳カードの交付は、2015年12月28日で終了しました。
個人番号カードの申請については下記リンク先(内部リンク)をご参照ください。

2016年1月以降に個人番号カードの交付が始まります

住民基本台帳カードとは

住民基本台帳カードの様式Aと様式Bの見本 住民基本台帳カード見本(様式A・様式B)

住民基本台帳カードとは、個人情報を記録したICカードで、公的な身分証明書として利用できる他、確定申告等を自宅のパソコンから申請する手続きなどに必要になるカードです。また、住民基本台帳カードには、様式Aと様式Bの2つの様式(下記参照)があり、それぞれ表面に記載される内容が異なりますのでご注意ください。
町田市に住民登録されている方の申請に基づき発行します。有効期限は、日本人、特別永住者と永住者の方は発行日から10年間です。特別永住者と永住者以外の方は在留期限までです。

様式A記載内容

有効期限・氏名・ロゴマーク・QRコード
※身分証明書としてご利用になることはできません。

様式B記載内容

有効期限・氏名・生年月日・性別・住所・顔写真・ロゴマーク・QRコード

住民基本台帳カードを取得すると

  • 顔写真付の住基カードについては、本人確認の必要な窓口で、公的な身分証明書として利用することができます。
  • 多目的利用登録をしていると、コンビニエンスストアで住民票の写しなどの証明書を取得することができます。

※多目的利用登録の新規申請は2015年12月28日で終了となりました。
「コンビニエンスストアでの証明書自動交付サービスについて」へのリンク

  • 公的個人認証サービスの基盤となる電子証明書にも利用できます。

「電子証明書について」へのリンク

  • 転入転出手続きの特例が受けられます

「住民基本台帳カードを使った転入転出の手続き」へのリンク

カードの偽変造防止対策について

2009年4月20日以降に住民基本台帳カードの交付を受けた方については、偽変造防止機能(券面事項確認カードアプリケーションの追加及びQRコードの印刷)の強化されたカードを交付しています。
また、この機能が格納されたカードには、照合番号と呼ばれる番号が自動設定されており、各種金融機関や携帯電話会社等の窓口での本人確認時に必要となります。
なお、様式ごとの照合番号については、以下のとおりとなります。
様式A(顔写真なし)=カードの有効期限(西暦8桁)
様式B(顔写真あり)=カードの有効期限(西暦8桁)+生年月日(和暦6桁)

リンク先一覧

「コンビニエンスストアでの証明書自動交付サービスについて」へのリンク

「公的個人認証サービスとは」へのリンク

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。「公的個人認証サービスポータルサイト」へのリンク

このページの担当課へのお問い合わせ

担当課:
市民部 市民課
電話:
042-724-2123
FAX:
050-3085-6262

WEBでのお問い合わせはこちら(専用フォームへのリンク)