このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
町田市


サイトメニューここまで
現在のページ

トップページ の中の 医療・福祉 の中の 医療・健康づくり の中の がん検診等 の中の 成人健康診査・がん検診等の自己負担金の免除について  のページです。

本文ここから

成人健康診査・がん検診等の自己負担金の免除について 

更新日:2018年4月1日

町田市では、成人健康診査およびがん検診等の受診に際して、自己負担金を設定しております。
ただし、以下の「成人健康診査・がん検診等の自己負担金が免除となる方」に該当する方は、受診時に市が指定する証書を医療機関で提示することにより、自己負担金の免除を受けることができます。

成人健康診査・がん検診等の自己負担金が免除となる方

自己負担金の免除要件
成人健康診査、
大腸・乳・子宮頸・前立腺がん検診免除対象者
胃がんリスク検診(ABC検診)免除対象者
1.2017年度住民税非課税世帯(*)の方
2.生活保護受給者
3.中国残留邦人等支援給付受給者
1.今年度末(2019年3月31日)時点で40歳以上で5の倍数年齢の方
2.生活保護受給者
3.中国残留邦人等支援給付受給者

*「2017年度住民税非課税世帯」とは

  • 2016年中の所得に基づき、2017年1月1日時点の住所または居所で課税される住民税について世帯全員(2017年1月1日時点18歳以上)が非課税(被扶養者を含む)であることをいいます。
  • 自己負担金の基準日は2018年4月1日です。それ以降の変更(世帯の異動や申告等の結果)は反映いたしません。
  • 世帯のうち一人でも課税されている方や未申告の方がいる場合、免除とはなりません。

成人健康診査・がん検診等の自己負担金の免除を受けるための証書について

  • 加入している健康保険、年齢等に応じて、自己負担金免除に必要な証書が異なります。下表をご確認ください。
  • 受診後の提示や下表にない証書の提示では免除とはなりません。
  • 胃がんリスク検診(ABC検診)の自己負担金免除となる、今年度末(2019年3月31日時点)40歳以上で5の倍数年齢の方は、健康保険証、運転免許証、マイナンバーカード等の身分証明書の提示により免除となります。
自己負担金免除のための指定証書
  18歳から39歳 40歳から74歳 75歳以上
(65歳から74歳で、一定の
障がいの認定を受けた方)
町田市国民健康保険 自己負担金免除申請
審査結果通知書
無料の記載がある
成人健康診査受診券
(下部)
後期高齢者医療制度 無料の記載がある
成人健康診査受診券
(下部)
生活保護受給者 保護受給証明書 無料の記載がある
成人健康診査受診券
(下部)
中国残留邦人等
支援給付受給者
中国残留邦人等支援給付
受給証明書
上記以外 自己負担金免除申請
審査結果通知書

※2017年度住民税非課税世帯の方で、2017年1月2日以降に町田市に転入された方や世帯に転入された方がいる場合は別途手続きの必要があります。このページを最後までご確認ください。

成人健康診査受診券

  • 成人健康診査受診券には、課税情報等を反映し自己負担金を記載しています。「無料」と記載されている方は、自己負担金が免除となります。「無料」の記載がない方は免除要件に該当しないため、自己負担金免除申請をしても免除とはなりません。
  • 成人健診受診後にがん検診を受診する場合、成人健康診査受診後に返却される成人健康診査受診券の下部(切り取り線から下)のみの提示でも免除を受けることができます。

※下部のみの再発行はできませんので、成人健康診査受診後に紛失された場合は、別途自己負担金免除申請を行ってください。

自己負担金免除申請審査結果通知書

1.「自己負担金免除申請書」に必要事項をご記入の上、健康推進課へ郵送またはご持参にて申請してください。「自己負担金免除申請書」は下記からダウンロードするか、郵送をご希望の場合は健康推進課へご連絡ください。また、健康推進課窓口でもお渡ししています。※申請手続きには、「自己負担金免除申請書」の提出から約2週間かかります。(受診後の申請は不可)

2.市で申請内容を審査し、「自己負担金免除申請審査結果通知書」を自宅に郵送します。「免除」の記載がある方のみ、該当する成人健康診査およびがん検診の費用が免除となります。

2017年1月2日以降、町田市に転入された方や世帯に転入された方がいる場合

  • 2017年1月2日から2018年4月1日に転入された方、及び転入された方を含む住民税非課税世帯の方

   転入された全員分(2017年1月1日時点18歳以上)の2017年度非課税証明書(原本)が必要です。
   なお、2017年度非課税証明書は2017年1月1日時点の住所地で発行されます。(以下同様)

  • 2018年4月2日以降に転入された方

   【全部転入の場合(町田市に新しい世帯を登録した場合)】
   転入された全員分(2017年1月1日時点18歳以上)の2017年度非課税証明書(原本)が必要です。
   【一部転入の場合(町田市にすでにある世帯に入った場合)】
   転入されたご本人の2017年度非課税証明書(原本)が必要です。

上記の必要な書類を、下記各担当まで郵送または持参してください。

1.40歳から74歳の町田市国民健康保険加入者及び後期高齢者医療制度加入者
  成人健康診査受診券に課税状況を反映させる手続きが必要です。下記担当まで、ご連絡ください。

  【担当課】
  ・40歳から74歳町田市国民健康保険加入者
   保険年金課保険給付係 TEL:042-724-2130 FAX:050-3101-5154
  ・後期高齢者医療制度加入者
   保険年金課高齢者医療係 TEL:042-724-2144 FAX:050-3101-5154

2.上記以外の自己負担金免除申請をされる方
  自己負担金免除診査結果に課税状況を反映させる手続きが必要です。
  「自己負担金免除申請書」と併せて、健康推進課に郵送またはご持参ください。
  【担当課】
  健康推進課成人保健係 TEL:042-725-5178 FAX:050-3101-4923

保護受給証明書・中国残留邦人等支援給付受給証明書

生活援護課から発行される証書ですので、生活援護課の担当へお問い合わせください。担当がご不明な方は町田市代表電話からご案内します。

町田市代表電話 TEL:042-722-3111

※PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。) Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの担当課へのお問い合わせ

担当課:
保健所 健康推進課 成人保健係
電話:
042-725-5178
FAX:
050-3101-4923

WEBでのお問い合わせはこちら(専用フォームへのリンク)