このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
町田市


サイトメニューここまで
現在のページ

トップページ の中の 医療・福祉 の中の 医療・健康づくり の中の がん検診等 の中の 2017年度から成人健康診査・がん検診等の自己負担金免除の方法・対象者が変わります! のページです。

本文ここから

2017年度から成人健康診査・がん検診等の自己負担金免除の方法・対象者が変わります!

更新日:2017年4月1日

2017年度からがん検診の自己負担金免除の基準が変わります

町田市では、成人健康診査およびがん検診の受診に際して、自己負担金を設定しております。
これまで、年齢に応じてがん検診の自己負担金を免除していましたが、受益者負担の適正化のため、成人健康診査と同様に、所得に応じた免除基準(世帯全員が住民税非課税の方・生活保護受給者等)に統一します。ご理解とご協力をお願いいたします。(胃がんリスク検診(ABC検診)は一生に1回の検診であり、受診を勧奨する年齢を定めているため、自己負担金の免除基準は変わりません。)

成人健康診査・がん検診等の自己負担金が免除となる方(受診時に証書の提示が必要です)

自己負担金の免除要件
健(検)診の種類 自己負担金が免除になる方
成人健康診査
大腸・乳・子宮頸・前立腺がん検診
1.2016年度住民税非課税世帯の方
2.生活保護受給者
3.中国残留邦人等支援給付受給者
胃がんリスク検診
(ABC検診)
1.今年度末(2018年3月31日)時点で40歳以上で5の倍数年齢の方(40歳、45歳、50歳・・・)
2.生活保護受給者
3.中国残留邦人等支援給付受給者
  • 「2016年度住民税非課税世帯」とは、2015年中の所得に基づき、2016年1月1日時点の住所または居所で課税される住民税について世帯全員(2016年1月1日時点18歳以上)が非課税(被扶養者を含む)であることをいいます。ほかの年度が非課税でも、免除とはなりません。
  • 世帯のうち一人でも課税されている方や未申告の方がいる場合、免除とはなりませんのでご注意ください。
  • 自己負担金は2017年4月1日を基準日として判定しているため、それ以降の変更(世帯の異動や申告等の結果)は反映いたしません。

成人健康診査・がん検診等の自己負担金の免除を受けるには

上記免除要件に該当する方は、受診時に医療機関で証書を提示することにより、成人健康診査・がん検診等の自己負担金の免除を受けることができます。
詳しくは下記「自己負担金の免除を受けるには」をご確認ください。

自己負担金の免除を受けるには

自己負担金免除申請について(2017年4月1日以降申請可能となります)

「2016年度住民税非課税世帯」の方で、成人健康診査の受診券が送付されない方や送付前の受診を希望される方が自己負担金の免除を受けるには、健康推進課への申請が必要になります、
申請方法については下記「自己負担金免除申請手続きの流れ」をご確認ください。
※40歳以上の町田市国民健康保険の被保険者・後期高齢者医療制度加入者・生活保護受給者等は、成人健康診査の受診券が発行され、受診券に自己負担金の記載があるため、市への申請は不要です。

  • 注意:申請手続きには、「自己負担金免除申請書」の提出から約2週間かかります。(受診後の申請は不可)

2017年度町田市成人健康診査・町田市がん検診自己負担金免除申請書

下記「自己負担金免除申請手続きの流れ」をご確認の上、ご提出ください。

自己負担金免除申請手続きの流れ

自己負担金免除申請手続きの流れ

※PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。) Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの担当課へのお問い合わせ

担当課:
保健所 健康推進課 成人保健係
電話:
042-725-5178
FAX:
050-3101-4923

WEBでのお問い合わせはこちら(専用フォームへのリンク)

40歳以上の国民健康保険加入者、後期高齢者医療制度加入者の受診券については、保険年金課(電話:042-724-2130、FAX:050-3101-5154)へお問い合わせください。