このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
町田市


サイトメニューここまで
本文ここから

胃がんリスク検診(ABC検診)

更新日:2017年11月2日

 胃がんにはピロリ菌感染が深くかかわっており、ピロリ菌感染によって胃粘膜の萎縮が進むほど、胃がんが発生しやすくなります。
 胃がんリスク検診(ABC検診)は、胃がんそのものを見つける検査ではありません。胃の粘膜に生息するピロリ菌の感染の有無と、胃粘膜の萎縮度(ペプシノゲン判定)を血液検査で調べ、一生の間に胃がんなどの胃疾患に罹るリスクを判定する検査です。
 判定されたリスクに応じて、内視鏡(胃カメラ)による精密検査を受けていただき、除菌治療や定期的な経過観察などを行うことによって、胃がんなどの予防・早期発見・早期治療に繋げます。

検診項目

問診、血液検査(ヘリコバクター・ピロリ抗体、血清ペプシノゲン)

対象者

町田市に住民票があり、職場等で胃がんリスク検診(ABC検診)の機会がない、35歳以上の方

※年齢について
胃がんリスク検診(ABC検診)は、年度内に35歳以上になる方(お誕生日が1983(昭和58)年3月31日以前の方)が対象となります。
対象年齢は、「今年度末(2018年3月31日)時点での年齢」です。
例えば、現在34歳の方でも、3月31日までのお誕生日で35歳になられる方は「今年度35歳」となり、お誕生日を迎える前でも実施期間内に受けることができます。

受けられない方

※以下の事項に該当する方は、この検診を受けることができません。

  1. 過去に胃がんリスク検診(ABC検診)及び同等の検査を受けたことのある方
  2. ピロリ菌除菌治療を過去に受けた方
  3. 食道・胃・十二指腸に関する疾患で、経過観察中・治療中の方
  4. 胃切除後の方
  5. 胃がんの手術を受けた方
  6. プロトンポンプ阻害薬(胃酸の分泌を抑える薬)を2ヶ月以内に服用された方
  7. 腎不全または腎機能障害のある方(クレアチニン3.0ミリグラム/デシリットル以上)

費用

800円

ただし、以下の方は受診時に医療機関で証書を提示することにより、費用負担が免除になります(受診後の申請は不可)。詳細は下記リンク先をご覧ください。

  1. 今年度末(2018年3月31日)時点で40歳以上で5の倍数年齢の方(40歳、45歳、50歳・・・)
  2. 生活保護受給者
  3. 中国残留邦人等支援給付受給者

2017年度から成人健康診査・がん検診等の自己負担金免除の方法・対象者が変わります!

実施期間

2017年5月26日から2018年2月28日まで

申込方法

医療機関へ直接お申し込みください(事前に電話等でご確認のうえ、お受けください。)。

胃がんリスク検診(ABC検診)は、町田市成人健康診査と同時受診が可能です。
成人健康診査を受けられる際に、医療機関へお申し出ください。

2017年11月2日更新版

各医療機関情報は、町田市医師会ホームページをご覧ください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。町田市医師会ホームページ

持ち物

  • おくすり手帳または飲んでいるお薬
  • 健康手帳(お持ちの方)
  • 本人確認ができる保険証・免許証等
  • (費用の免除を受ける方のみ)「無料」の記載のある成人健康診査の受診券(下部も可)、「免除」の記載のある自己負担金免除申請審査結果通知書、保護受給証明書等の証書

他の健(検)診について

成人健康診査

がん検診等

チラシは健康推進課または各市民センターでも配布しています。
※チラシの実施医療機関一覧は2017年4月1日時点のものです。

※PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。) Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの担当課へのお問い合わせ

担当課:
保健所 健康推進課
電話:
042-725-5178
FAX:
050-3101-4923

WEBでのお問い合わせはこちら(専用フォームへのリンク)