学校のビオトープで出前授業を行っています

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2020年2月20日

町田生きもの情報

ビオトープ出前授業の紹介です

2019年度から、市内の学校を対象にビオトープを使った出前授業を始めました。
2019年度は小中一貫ゆくのき学園、町田第五小学校、相原小学校、小山小学校の4校で実施しました。講師は、公益財団法人日本生態系協会にお願いしています。
3年生の「しぜんのかんさつをしよう」や5年生の「水の中の小さな生き物」の授業などで活用していただきました。
当日の様子をご紹介します。
また、ビオトープ出前授業に興味をお持ちの学校様、保育園様、幼稚園様、ぜひ環境・自然共生課までお問い合わせください。

小中一貫ゆくのき学園(大戸小学校)

2019年6月20日に実施しました。
小学3年生と小学5年生、それぞれ1コマずつ授業を行いました。
ビオトープではクロスジギンヤンマやモノサシトンボ、クロイトトンボ、ショウジョウトンボなど、いろいろな種類のトンボのヤゴや成虫が見つかりました。
オタマジャクシや「マツモムシ」という逆さまになって泳ぐ虫もいました。

町田第五小学校

2019年6月21日に実施しました。
小学5年生3クラスに、それぞれ授業を行いました。
ビオトープではクロメダカやその卵、ショウジョウトンボやクロイトトンボのヤゴ、成虫などが見つかりました。

相原小学校

2019年6月27日に実施しました。
小学3年生2クラス、小学5年生2クラスに、それぞれ授業を行いました。
ビオトープではミズムシ、ヌカエビ、カワニナなどが見つかりました。

小山小学校

2019年10月21日に実施しました。
小山小学校では、自然研究クラブの活動で、出前授業を行いました。
ビオトープではメダカ、ギンヤンマやシオカラトンボのヤゴ、カワニナやアメンボなどが見つかりました。

関連情報

本事業はみどり東京助成金を受けて実施しています。

このページの担当課へのお問い合わせ
環境資源部 環境・自然共生課

電話:042-724-4391

ファックス:050-3160-5220

WEBでのお問い合わせ