このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
町田市


サイトメニューここまで
現在のページ

トップページ の中の 暮らし の中の 住まい・道路 の中の 都市づくり の中の 景観づくり の中の 景観づくりに関する計画等 の中の 「町田市屋外広告物ガイドライン(景観編)」の運用を2018年4月から開始します のページです。

本文ここから

「町田市屋外広告物ガイドライン(景観編)」の運用を2018年4月から開始します

更新日:2018年4月6日

町田市屋外広告物ガイドライン(景観編)表紙

町田市では、屋外広告物による良好な景観づくりを進めていくため、「町田市屋外広告物ガイドライン(景観編)」を2018年3月に策定し、4月から運用を開始しました。

ガイドラインでは、以下の3点が大きな特徴となっています。

  1. 市民の方にも読みやすいつくりのガイドライン
  2. 対象となる広告物の範囲を広げたガイドライン
  3. 事前相談を活用したガイドライン

今後もガイドラインを活用した取り組みを広めていくため、市民の方でも参加できるワークショップの開催を2018年夏頃に予定しています。

ガイドラインの内容は、以下のPDFファイルでご覧になれます。

特徴1市民の方にも読みやすいつくりのガイドライン

各章と特に読んでほしい方

ガイドラインの中では、屋外広告物について広く知っていただく基礎的な内容を示しており、屋外広告物に初めて触れる市民の方にも読んでいただけるものとなっています。

さらに、全編を通して写真や図、コラムを多く使い読みやすいつくりとしています。

特徴2対象とする広告物の範囲を広げたガイドライン

ガイドラインの対象

現在屋外広告物については、規模や設置位置などによっては法律※に基づく許可申請が必要となります。

ガイドラインでは許可申請の対象となる屋外広告物に加え、屋外に向けて情報(店舗や建物の名称、営業内容など)を発信するもの全般を対象として範囲を広げており、特に以下の広告表現に対しても配慮事項を示しています。

  • 映像装置付き広告物(デジタルサイネージ)
  • 窓の内側から屋外に向けて掲出される広告物(窓面利用広告物)
  • 自動販売機にラッピングされた広告物
  • 建築物と広告物が一体となってデザインされたもの

※屋外広告物法、東京都屋外広告物条例

特徴3事前相談を活用したガイドライン

それぞれの役割

屋外広告物は市民、屋外広告業者、広告主、行政など多くの人が関わるものであり、「それぞれの役割」(右図)を果たすことが市全体の良好な屋外広告景観につながります。

屋外広告物を計画される屋外広告業者、広告主の方には、ガイドラインの施策「景観事前相談」にご協力いただくことで、より素敵な広告物が増えていくことを目指しています。

屋外広告物を計画する際には、街づくり景観係へご相談をお願いします。

【相談時にご提出いただきたい書類(正・副1部)】

  • 景観事前相談申請書(市指定の様式)
  • チェックシート(市指定の様式)

※裏面「意見書」は未記入のままでご提出ください。

  • 付近見取り図
  • 現況カラー写真(設置場所周辺及び設置建物)
  • 各立面図(設置する建築物等を含む)
  • 各デザイン図(寸法、素材、色彩のマンセル値等を記入)
  • モンタージュ写真

※PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。) Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの担当課へのお問い合わせ

担当課:
都市づくり部 地区街づくり課 街づくり景観係
電話:
042-724-4267
FAX:
050-3161-6013

WEBでのお問い合わせはこちら(専用フォームへのリンク)