このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
町田市


サイトメニューここまで
本文ここから

米作り農業体験事業

更新日:2017年10月10日

作業風景 作業風景

昨今、市民が自然に触れる機会が減少しています。田植え・稲刈りといった作業を体験することで、自然への親しみ・農業の大切さというものを体感し、農業への理解を深めてもらうために実施するものです。

米作り農業体験による田植えを行いました。

5月28日田植えの様子です。

2017年5月28日(日曜日)に忠生公園にある田んぼで、米作り農業体験事業の田植えを行いました。
11家族30名の応募の中、当日は11家族29名の参加がありました。農業委員の指導の中、参加者の皆さんは泥まみれになりながら田植えを楽しそうに体験していました。
リピーターの参加者からは、今年度工夫した点や、その他の参加者からは、楽しかった、泥が気持ちよかったなどの感想をいただきました。

米作り農業体験による草取りを行いました。

7月1日草取りの様子です。

2017年7月1日(土曜日)に忠生公園の田んぼにおきまして、米作り農業体験事業の草取りを行いました。草取り作業は稲の生育に悪影響を及ぼす雑草を除去するだけでなく、水田の水と土をかき混ぜることにより、下の冷たい水がかき混ぜられ、根の周りの水温が上がり、成長を促進させます。また、根の周りに新しい空気(酸素)がいきわたるのもかき混ぜることの良い効果です。さらに、稲は根が切られることによって株元から新しい根を出して活性化します。

今回の草取りの終了後、体験の参加者皆様に田んぼの絵を描いていただきました。下記のPDFファイルにてご紹介いたしますので、是非、ご覧ください。

米作り農業体験による稲刈りを行いました。

稲刈りの様子です。

前々日の雨の影響でぬかるんでいる足元ですが頑張ってくれました。

刈る前の稲穂です。

刈った稲を干すのもひと苦労です。

2017年10月9日(月曜日・祝日)に忠生公園の田んぼにおきまして、米作り農業体験事業の稲刈りを行いました。当初の予定は、10月7日(土曜日)でしたが、前日からの雨の影響を考慮して、9日に延期になりました。11組29名の参加予定でしたが、延期の影響もあり8組22名の方が参加されました。9日当日は晴天に恵まれ皆さん汗を流しながら作業を楽しまれました。参加者からは、「米作りの作業を体験することでお米の大切さが子供に伝わると良いと思います。」などの感想をいただきました。現在は、稲を掛け干ししているところですが、この風景もぜひご覧いただきたいと思います。

米作り農業体験参加者募集※今年度の募集は終了しました。

米作り農業体験参加者の募集について

1 日程 5月28日(日曜日)田植え、7月1日(土曜日)草取り、10月7日(土曜日)稲刈り、11月下旬(予定)収穫祭
      ※全日とも午前9時から12時終了予定
      ※収穫祭の日程は、稲刈り後ご案内します。

2 対象 全日参加できる市内在住の小学生以上の親子及び一般市民(中学生以上はお一人での参加も可)

3 参加費 1人千円(4回分)

4 内容 農業委員の指導により、田植え、草取り、稲刈りの作業を体験します。

5 応募方法 募集要項をご覧のうえ、電話で住所・氏名・電話番号・年齢を、イベントダイヤル電話:042―724―5656コード170501Cへ申し込みください。(先着順・30人)

6 応募期間 2017年5月1日(月曜日)午前12時から2017年5月15日(月曜日)まで

※広報まちだ5月1日号にも募集記事を掲載しています。

米作り農業体験田んぼ

1.場所

 忠生公園田んぼ

2.アクセス

【忠生公園】
町田バスセンターから、小山田桜台行き、または下山崎行きバスで「忠生公園前」下車。または、同センターから上宿、図師経由野津田車庫行き、小山田行き、渕野辺駅行き、橋本駅行きバスで「忠生公園入口」下車、徒歩2分。
 

※PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。) Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの担当課へのお問い合わせ

担当課:
経済観光部 農業振興課
電話:
042-724-2166
FAX:
050-3101-9913

WEBでのお問い合わせはこちら(専用フォームへのリンク)