このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
町田市


サイトメニューここまで
本文ここから

障がい者移動支援(ガイドヘルパー)

更新日:2018年5月2日

1人で外出が困難な中学生以上の障がい者にヘルパーを派遣し、外出の支援を行っています。

対象となる方

  • 愛の手帳をお持ちの方
  • 精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方
  • 肢体不自由の障がい程度の等級が1級の身体障害者手帳をお持ちの方で、両上肢と両下肢の機能障がいがある方、またはそれに準じる方

注意事項

  • 介護保険制度対象者、重度訪問介護や行動援護の支給を受けている方、重度脳性麻痺者介護人派遣事業を利用している方は対象外です。
  • 精神障がい者の移動支援は、精神症状を理由とした支援のため、てんかんのある方を除き身体介護を伴う支援はできません。
  • 精神障がい者の移動支援は、精神障害者保健福祉手帳の有効期限が2年であるため、年度末に更新の意向確認を行います。

利用料

無料
※交通費や入場料等の費用は、ヘルパーの分も含めて利用者負担となります。

利用できるもの

  1. 余暇活動や社会参加のための外出
  2. 市役所へ手続きに行く、公共料金の支払いに行く等、社会生活上不可欠な外出
  3. その他、特に必要と認められる外出(通院等)

以下の内容には利用できません

  • 通学(介護者の疾病などの事情により、一時的に利用できる場合があります。)
  • 作業所やデイサービス等の施設への通所や、施設の行事としての外出
  • 通勤や営業等、経済活動目的の外出
  • 宿泊を伴う外出
  • 社会通念上、利用が適切と認められない外出

利用できる時間

1か月につき18時間まで
※1回あたりの利用時間に制限はありません。

受付窓口

お住まいの地域の障がい者支援センター

ご利用までの流れ

  1. 申請時に障がい状況の聞き取り調査を行います。
  2. ご利用希望の事業所をお聞きします。複数の事業所を併用する場合は、各事業所での利用時間を決めていただきます。
  3. 利用承認通知書が届きます。
  4. 事業所に利用承認通知書を提示して、利用登録を行ってください。
  5. 利用開始日(月の初日)以降、移動支援をご利用いただけます。事業者に利用承認通知書を提示し、ガイドヘルパーの派遣を依頼してください。

利用事業所の変更・利用時間の内訳の変更

利用する事業所を変更したい、利用時間の内訳を変更したい場合は、変更したい月の前月15日までに申請してください。変更は翌月の初日からです。

利用できる事業所の一覧

現在利用できる移動支援事業所については、下記PDFファイルをご覧ください。

利用申請書

申請書上段の手帳番号の欄までご記入ください。

関連情報

同行援護

視覚障がいにより、移動に著しい困難がある方に対する外出支援制度です。

行動援護

知的障がいや精神障がいで行動上著しい困難があるため、常時介護が必要な方に対する行動支援の制度です。

※PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。) Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの担当課へのお問い合わせ

担当課:
地域福祉部 障がい福祉課
電話:
042-724-2145
FAX:
050-3101-1653

WEBでのお問い合わせはこちら(専用フォームへのリンク)