町田市ロゴ

市立博物館施設案内

更新日:2018年12月8日


市立博物館

施設概要

市立博物館では、市内の民俗資料や、ガラス器、陶磁器、風俗画、大津絵等の美術工芸品を中心に資料の収集を行うとともに、これらを調査、研究し、展示や出版物を通じて、広く公開しています。また、展示については、館収蔵資料のほかに借用資料による展示など、ユニークな企画を心掛けています。
なお、こちらの博物館には常設展示はございませんので、ご注意ください。

開催中の展覧会

「没後50年記念 加藤土師萌展 色絵磁器を極めた人間国宝 その技とデザイン

2018年12月8日(土曜日)から2019年1月27日(日曜日)まで
※会期中一部展示替えがあります。

加藤土師萌は、横浜市の日吉で作陶した日本近代陶芸の巨匠です。本展は没後50年を記念し、卓越した技術とデザイン力、優れた古陶磁研究に基づく多様な創作活動を陶芸作品、絵画作品等190点余で紹介します。

交通アクセス

バスでお越しの方

バスの時刻表・運賃案内についてはこちらをご覧ください。

駐車場

9台(博物館と遺跡公園の間にあります。)

関連情報

本町田遺跡公園


本町田遺跡ガイダンスルーム

本町田遺跡公園は1967から68年に藤の台団地造成に先立って発掘調査が行われた本町田遺跡を整備し、遺跡公園として1971年に開園したものです。
敷地内には縄文・弥生各1軒の復元住居を含め縄文時代前期の竪穴住居跡4軒と弥生時代中期の竪穴住居跡7軒があります。同一の場所に二つの時代の遺跡が確認される複合遺跡は発掘当時例が少なく、貴重な遺跡として保存、史跡指定されました(1992年都指定史跡、2011年追加指定)。