このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
町田市


サイトメニューここまで
本文ここから

概要

更新日:2018年9月19日

町田市の産業を大きく分けると、商業、工業、農業の3つに分類することができます。

市の産業の大部分を占めるのは商業であり、JRや小田急町田駅周辺などの中心市街地(原町田地区)には多数の店舗が存在しています。それは、江戸時代後期に原町田地区は「絹の道」と呼ばれる産業交通路の拠点となり、「二の市」「六の市」が立ち、栄えたことが原点となっています。
2012年経済センサス活動調査より、年間商品販売額は5799億2600万円で東京都市部において5位になっています。

工業・農業は、主として市郊外に宅地部分と混在して分布しており、大規模なものはあまり見られません。
工業においては、立地条件の有利性として「東名高速道路が近く、都心に近い」「川崎や相模原等の工業集積地に近い」等が挙げられますが、水資源に恵まれないこともあり、中小規模事業者の数が多く、核となるような大規模企業がないのが現状となっています。
農業においては、兼業農家がほとんどで、農業従事者は65歳以上が半数以上を占めています。農地は長期的な減少傾向にあり、田畑や山林等が開発により宅地として都市化が進んできた結果、農家戸数も長期的に減少しています。

このページの担当課へのお問い合わせ

担当課:
経済観光部 産業政策課
電話:
042-724-2129
FAX:
050-3101-9615

WEBでのお問い合わせはこちら(専用フォームへのリンク)