町田市ロゴ

ようこそ!市長室へ

町田市長 石阪丈一の写真
町田市長 石阪丈一

市長の石阪丈一です。
町田市は、1958年(昭和33年)2月に東京都で9番目の市として誕生しました。当時の人口は6万人でしたが、鉄道などの交通の利便性を背景にした商業の集積や、緑豊な美しい自然、多くの大学等がある学園都市の一面など、多彩な魅力をもつ都市に成長し、今日では43万人にせまる人口を抱え、更に発展を続けています。
私は2006年3月の就任以来、「すべての世代の方々に生活の向上を実感していただくこと」、「市民目線で行財政改革を進めること」という2つの志を持って市政運営に取り組んでまいりました。「新公会計制度」の導入、組織や事業の「目的や成果、財務情報」を関連付けて分析し、課題を整理する「町田市課別・事業別行政評価シート」の活用や子どもたちが自然のなかで体験・挑戦できる「冒険遊び場」の整備などはその一例です。
また、2012年に目指すべきまちの姿を示す町田市基本計画「まちだ未来づくりプラン」と、その具体的な取り組みを示す5年間の実行計画「新5ヵ年計画」を策定し、各取り組みを推進してきました。
そして、2017年には今後訪れる人口減少・超高齢化やそれに起因する構造的収支不足など今後顕在化していく諸課題へ真正面から挑戦するべく、「町田市5ヵ年計画17-21」を策定いたしました。
さらに市制60周年となる2018年、ラグビーワールドカップが開催される2019年、そして、東京2020オリンピック・パラリンピック大会が開催される2020年までの3ヵ年をあらゆる分野における発展の契機とするべく、市民・企業・行政の「オール町田」体制で、まちの魅力向上や地域活性化に取り組み、シティプロモーションしていくことで、まちへの愛着・誇りを醸成していきます。
これからも市民の皆さまが住み続けたい、市外からもたくさんの人が訪れたいと思うまちづくりを進めるため、「まちだの未来」を市民の皆様と一緒に考え、課題の解決に向けて、共に歩んでいきたいと思います。引き続きご支援、ご協力いただきますようお願い申し上げます。

2017年度の市政運営にあたって

2017年度は、厳しい財政状況の中にあっても都市間競争から一歩抜きんでる町田市ならではの取り組みを展開していきます。
まず、未来への投資として、若者に魅力的な住宅環境の整備や立地・資源を活かした町田市固有の創出に重点的に取り組んでいきます。その一例として、子育て世代から選ばれるまちの実現のため、待機児童解消に向けた、保育所や認定こども園等の整備による保育サービスを拡充していきます。
また、団塊の世代が後期高齢者となる2025年を目標として、高齢者が住み慣れた地域で暮らし続けるため、地域包括ケアを推進していきます。本年から始まる「町田市介護予防・日常生活支援総合事業」では、地域活動団体等の多様な主体の参画により、地域の支え合いの体制づくりを推進していきます。
まちなみ、賑わい、自然のたたずまい、農のある風景、そして何よりも地域の市民の力は、かけがえのない町田市の財産です。これらの力を最大限に発揮させ、町田市に住みたい、住み続けたい。そう思っていただける「選ばれるまちだ」に向け、市民の皆さまとともに理想の未来を築いてまいります。