このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
町田市


サイトメニューここまで
本文ここから

まちだ自慢推進計画17-20

更新日:2017年4月28日

「まちだ自慢推進計画17-20」表紙

まちだ自慢とは、市民と行政が協働し、町田市の魅力を創造し、市内・市外に向けて戦略的かつ継続的にアピールしていく取組みです。
「まちだ自慢推進計画17-20」は、2012年度に策定した「まちだシティプロモーション基本方針」に基づき、2013年度に定めた「『まちだ自慢』推進計画」による2014年度から2016年度までの3年間の活動を踏まえた、2017年度から2020年度までの具体的な活動計画です。
この計画を市民と行政が共有し、町田市が有する「訪れるまち」「暮らすまち」「活動するまち」としての魅力はもちろんのこと、「町田市5ヵ年計画17-21」(計画期間:2017年度から2021年度まで)の推進により生まれる新たな魅力を発信することで、市民からも、市外の方からも、選ばれ続けるまちになることを目指します。

「まちだ自慢推進計画17-20」の概要

まちだ自慢の長期目標である、市民が愛着や誇りを持って住み続け、市外の人(将来市民)が町田市への関心や憧れを持ち、いつか住んでみたいという意欲を高めていくために、2014年度から2016年度までの活動を終えた現状を踏まえ、3つの推進戦略と活動計画を策定しました。

推進戦略1:皆が主役になるオールまちだの魅力創造と発信

まちだ自慢は行政だけが行うのではなく、市民、事業者、団体などと協働で進める魅力創造・情報発信活動です。市民が愛着と誇りを持って住み続け、市外にその魅力を発信していくため、市民や団体が主体的に地域の魅力づくりなどの活動を行い、その情報を市内外に発信する仕組みを構築していきます。

  • 活動計画
  1. 市民が主役となる魅力創造・発信
  2. シティプロモーション推進委員会の強化
  3. 市民協働の充実

推進戦略2:「訪れるまち」「住むまち」「育むまち」としてのイメージ強化

町田市は、都心部や周辺地域へのアクセスに優れた地理的な利点があり、利便性の高い中心市街地と、自然あふれる郊外が共存したまちです。また、子育てに関する優れた環境や取り組みもあります。市民が誇りを持って住み続け、市外の人から何度でも訪れたい、いつか暮らしてみたいと憧れられるまちになるために、「訪れるまち」「住むまち」「育むまち」としての魅力を更に高めていきます。

  • 活動計画
  1. 地域資源への来訪促進に関する魅力創造・発信
  2. 子育て・暮らしに関する魅力創造・発信
  3. 文化・スポーツに関する魅力創造・発信

推進戦略3:市民の誇りに繋がる話題性あるイベントを開催

「まちだ自慢推進計画17-20」の計画期間中である2018年2月に、町田市は市制60周年を迎えます。また、「ラグビーワールドカップ2019」、「東京2020オリンピック・パラリンピック」と、国際的な大会の開催も控えています。これらを、町田市全体の魅力を更に高め、発信していく契機と捉え、未来の資産につながる事業を推進します。

  • 活動計画
  1. 市制60周年からの3ヵ年事業
  2. ラグビーワールドカップ2019に関する事業
  3. 東京2020オリンピック・パラリンピック等に関する事業

関連リンク

まちだシティプロモーション基本方針

『まちだ自慢』推進計画

まちだ〇ごと(まちだまるごと)大作戦18-20

※PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。) Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの担当課へのお問い合わせ

担当課:
政策経営部 広報課
電話:
042-724-2101
FAX:
042-724-1171

WEBでのお問い合わせはこちら(専用フォームへのリンク)