このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
町田市


サイトメニューここまで
現在のページ

トップページ の中の 観光 の中の おすすめ情報 の中の 現在のおすすめスポット・イベント のページです。

本文ここから

現在のおすすめスポット・イベント

更新日:2017年12月2日

公園内のお花情報やもうすぐ開かれるイベントなど、今が旬の情報を紹介しています。
詳しい内容・日程・交通・料金などについては、専用ページ等でご確認ください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。町田市観光ガイド (町田市観光コンベンション協会ホームページ)

町田市観光コンベンション協会からも、たくさんの情報を発信しています。併せてご覧ください。

ご利用ください♪観光情報発信拠点「町田ツーリストギャラリー」

町田ツーリストギャラリーでは、市内の観光情報提供等を行っています。

つなぐアート町田!総合ページ

市内の文化芸術イベント情報を集めて掲載しています。

町田市立国際版画美術館『~まちだゆかりの作家~飯田善國(1923-2006)』【12月24日(日曜日)まで】

飯田善國は国際的に活躍した町田ゆかりの彫刻家です。色鮮やかなロープとステンレスの立体を組み合わせた作品や、風によって動く大規模な彫刻など、常に新しい表現を求め続けました。手がけた公共彫刻は、国内外をあわせて40点以上にのぼります。
1970年代半ばに町田市に住居とアトリエを置き、1989年に町田市芹ヶ谷公園の《彫刻噴水・シーソー(虹と水の広場)》を制作しました。
本展では、飯田善國の版画の魅力を約50点の作品によりご紹介いたします。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。企画展の詳細はこちら(町田市立国際版画美術館ホームページ)

町田市立博物館『滑稽探索「田河水泡の研究とコレクション」』【11月18日(土曜日)から2018年1月21日(日曜日)まで】

身寄りのない捨て犬の野良犬黒吉が、へまや失敗を繰り返しながら元気いっぱいに生きていく漫画『のらくろ』は、1931年から『少年倶楽部1月新年特大号』にて連載がはじまり、10年以上にわたる長期連載となって一世を風靡しました。この『のらくろ』をはじめ『蛸の八ちゃん』『凸凹黒兵衛』など次々と人気漫画を描いた作者の田河水泡(本名:高見澤仲太郎1899-1989)は現在の墨田区立川に生まれ、町田で晩年を過ごしました。
本展覧会では田河水泡の歩みやコレクションを紹介しながら、その研究をたどります。

企画展の詳細はこちら

町田市民文学館ことばらんど『没後10年「編集者・谷田昌平と第三の新人たち」展』【12月17日(日曜日)まで】

本展では、谷田がライフワークとした堀辰雄研究から、批評家、編集者としてスタートした時期に仲間に加わった「第三の新人」と呼ばれる小説家たちとの関係、彼が出版に携わった多くの作品や作家たちとの交流を通して、谷田の文学に対する姿勢やその仕事に迫ります。

企画展の詳細はこちら

町田薬師池公園 四季彩の杜

薬師池(薬師池公園)

薬師池の画像 薬師池

「日本の歴史公園100選」、「新東京百景」、「東京都指定名勝」に指定された町田市を代表する和風公園です。
中心部には池があり、梅、椿、桜、ハナショウブ、大賀ハス、紅葉等四季折々の彩がみられます。
また優雅に泳ぐ水鳥、小鳥のさえずりとともに、文化財や写真芸術を楽しむことができます。
併設施設として「町田市フォトサロン」「萬葉草花苑」「旧荻野家住宅」などがあります。

施設詳細やアクセスはこちら

町田薬師池公園 四季彩の杜 薬師池(薬師池公園)

水質改善後の薬師池の状況

フォトサロンの画像 町田市フォトサロン外観

  • 町田市フォトサロン

企画展示や写真愛好家の作品発表の場として、広く写真芸術を紹介しています。

町田市フォトサロンの情報はこちら

萬葉草花苑 萬葉草花苑

  • 萬葉草花苑

萬葉集に詠まれている70種の草花や、260種の山野草を集めた草花苑です。

旧荻野家住宅 旧荻野家住宅

  • 旧荻野家住宅
  • 東京都指定有形文化財に指定されています。保存改修工事を終え、公開を再開しています。

旧荻野家住宅は改修工事を実施しました

ダリア園(町田ダリア園)

本園は、山崎町の小高い丘にあり、関東以西では最大のダリア園です。
広さは1万5,000平方メートルあり、夏から秋にかけて、赤、白、黄色など約500品種、4,000株の大・中・小輪のダリアが咲き競います。

  • 2017年度は、7月1日(土曜日)から11月3日(金曜日・祝日)まで開園しました。
  • 開園時間は、午前9時30分から午後4時30分まで(入園は午後4時まで)です。

※上記以外の期間においても草花販売と休憩所は営業しています。

南園(町田えびね苑)

園内には、ジエビネ、キエビネ、タカネエビネなど約3万株のエビネが群生するほか、クマガイソウ、クリンソウなどの野草も観賞することができます。

  • 開園期間は、開花の時期である4月下旬から5月上旬です。

   2017年度は4月19日(水曜日)から5月5日(金曜日)まで開園しました。

  • 6月のアジサイ開花期については、期間限定で部分開園します。

   2017年度は6月15日(木曜日)から6月30日(金曜日)まで部分開園しました。

施設詳細やアクセスはこちら

ぼたん園(町田ぼたん園)

園内にはボタン(約330種類1,700株)とシャクヤク(約60種類600株)を有していて、関東で最大級の規模を誇っています。

  • ボタン・シャクヤクが開花する時期に合わせて有料開園します。

   2017年度は4月15日(土曜日)から5月7日(日曜日)まで有料開園しました。

  • 有料開園の期間以外は民権の森公園として無料開園しています。

施設詳細やアクセスはこちら

リス園(町田リス園)

町田リス園のリスの画像

特殊フェンスで囲まれた「すり鉢状の放飼場」の中に約200匹のタイワンリスが放し飼いされ、ふれあいを楽しむことができます。
他に、ウサギやモルモットなどとのふれあい広場や、かわいいグッズがいっぱいのギフトショップがあります。

施設詳細やアクセスはこちら

その他の主な施設

ふるさと農具館

町田シバヒロ

町田シバヒロ

町田シバヒロは、約5700平方メートルの芝生がある多目的広場です。
週末を中心にグルメイベントやスポーツ教室、フリーマーケットなど多彩なイベントを開催しており、イベント開催時以外は一般開放を行っています。

芝生広場「町田シバヒロ」の情報はこちら

小野路宿里山交流館

小野路宿里山交流館

小野路宿里山交流館は、小野路宿にあった旅籠のうち旧「角屋」を改修してつくられた観光交流施設です。
敷地内には、主屋のほか土蔵、製茶場、味噌蔵、長屋門等があり、江戸時代の旅籠の風情を感じさせます。

施設詳細やアクセスはこちら

このページの担当課へのお問い合わせ

担当課:
経済観光部 産業観光課
電話:
042-724-2128
FAX:
050-3101-9615

WEBでのお問い合わせはこちら(専用フォームへのリンク)