このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
町田市


サイトメニューここまで
本文ここから

将来人口推計

更新日:2015年7月21日

町田市未来づくり研究所は、町田市の将来のあるべき姿を研究するグランドデザイン研究において、2020年から2060年までの将来人口推計を実施しました。

推計方法の概要

推計方法

町田市の2015年1月1日現在の住民基本台帳登録人口を基準人口とし、コーホート要因法を用いて推計しました。

推計期間

2020年から2060年(5年ごと)

推計対象エリア

市内を10地域に区分して地域ごとに推計しました。

推計対象エリア
  地域 該当する町丁・字
1 相原 相原町
2 小山・小山ケ丘 小山町、小山ヶ丘
3 北部の丘陵 上小山田町(※)、下小山田町(※)、野津田町(※)、小野路町、真光寺町
4 忠生 図師町(※)、小山田桜台、忠生、常盤町、根岸町、矢部町、木曽町(※)、
木曽東1から3丁目、木曽東4丁目(※)、木曽西、根岸
5 本町田・薬師池 山崎町(※)、金井1丁目、本町田、薬師台、山崎1丁目
6 鶴川 金井町(※)、大蔵町、金井2から8丁目、鶴川、広袴町、三輪町、三輪緑山、
真光寺1から3丁目、広袴、能ヶ谷
7 玉川学園・南大谷 玉川学園、東玉川学園、南大谷
8 町田中心 旭町、中町、原町田、森野
9 成瀬 高ヶ坂、成瀬、成瀬台、南成瀬
10 小川、小川1から4丁目、金森、つくし野、鶴間、鶴間1から3丁目、成瀬が丘、
南つくし野、金森東

(※)10地域の区分は「町田市都市計画マスタープラン」に準じていますが、推計の都合上、地域の入れ替えを行っています。

推計結果の概要

町田市の人口は、2020年をピークに人口減少期に入り、2030年から2060年の期間で減少傾向が強まります。2060年の人口は2015年と比較して20%減となる見込みです。
その他詳細については、下記添付資料をご覧ください。

町田市の将来人口推計(年齢3区分) 町田市の将来人口推計(年齢3区分)

町田市の将来人口推計(市内10地域) 町田市の将来人口推計(市内10地域)

人口ピラミッド

町田市の2015年の人口ピラミッドは40代と60代に2つの山をもつ形状をしています。推計では今後これらの世代が高齢化していくと同時に、少子化がさらに進行することから、2060年の人口ピラミッドは85歳以上の高齢者が突出して多く、若年世代に向かって人口が少ない逆三角形の形状となります。

2000年 2000年

2015年 2015年

2030年 2030年

2045年 2045年

2060年 2060年

Excelファイル

国立社会保障・人口問題研究所による将来人口推計

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。日本の地域別将来推計人口(2013年3月推計)

東京都による将来人口推計

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。東京都区市町村別人口の予測 (2012年3月推計)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。東京都男女年齢(5歳階級)別人口の予測 (2013年3月推計)

このページの担当課へのお問い合わせ

担当課:
政策経営部 企画政策課
電話:
042-724-2103
FAX:
050-3085-3082

WEBでのお問い合わせはこちら(専用フォームへのリンク)