このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
町田市


サイトメニューここまで
現在地
  1. トップページ の中の
  2. 融資・支援 の中の
  3. ものづくり事業者等への支援 の中の
  4. 日本弁理士会と連携して産業財産権の取得・活用を支援します! のページです。
本文ここから

日本弁理士会と連携して産業財産権の取得・活用を支援します!

更新日:2019年8月15日

あ ”拡げる“チャレンジ

町田市では、「町田市産業振興計画19-28」に基づく”拡げる”チャレンジの支援として、事業者の方の、知的財産権の中でも「産業財産権」(特許権、実用新案権、意匠権、商標権)と呼ばれる権利の取得・活用を全力でサポートしています。

2010年度から、多摩地域では先行的に、事業者の産業財産権取得に対する費用補助の制度を設け、権利取得の促進に取り組んできました。

2019年度からは、知的財産のプロである「日本弁理士会」と「知的財産の活用による町田市の地域活性化及び産業振興に関する協定」を締結し、そのノウハウを生かした各種連携事業に取り組むことで、事業者のスムーズな産業財産権の取得、効果的な活用をより一層推進しています。

産業財産権(特許権・実用新案権・意匠権・商標権)取得支援事業について

産業財産権の取得に対する費用補助の制度についてはこちらから

あ 2019年5月13日に行われた連携協定締結式の様子

あ 町田市・日本弁理士会連携協定PRパンフレット

パンフレットのダウンロードはこちらから

連携協定に基づく各種連携事業(町田市×日本弁理士会関東会)

各種連携事業については、「日本弁理士会関東会」と協力して実施します。
また、最新情報は随時更新します。

町田市・日本弁理士会連携協定締結記念シンポジウム「『下町ロケット』と市内外の事例から学ぶ!明日から使える、中小企業の知財戦略」

あ

本シンポジウムは終了しました

連携協定に基づき、知財シンポジウムを開催します。
「知財」と聞くと、「何となくハードルが高い」、「取得しても活用の方法がわからない」、というイメージをお持ちの方も多いかもしれません。
本シンポジウムでは、知財を活用した事業成長の一歩目を踏み出すために必要となる基礎的な知識や、身近にある具体的な活用事例について、小説やドラマの「下町ロケット」に登場する弁理士・弁護士のモデルとなった鮫島正洋氏や、市内の事業者がわかりやすくお伝えします。

日時:2019年10月8日 17時30分から20時30分
場所:町田市文化交流センター(プラザ町田ビル5階・けやき)
参加費:無料
定員:シンポジウム150名・交流会60名

町田市・日本弁理士会連携協定締結記念シンポジウム「『下町ロケット』と市内外の事例から学ぶ!明日から使える、中小企業の知財戦略」

シンポジウムの詳細はこちらから

知財無料相談会

「知的財産のプロ」である弁理士に無料で直接相談できるチャンス!知的財産に関することであれば何でも相談可能です。2019年6月から毎月1回(原則として第2木曜日)、町田新産業創造センターにて開催しますので、ご都合に合わせてご参加ください!
2019年度下期の日程は、以下のとおりです(各開催日、開始時間は午後1時、午後2時、午後3時からの3コマ分(1コマ:50分)を受け付けています)。

  • 2019年10月10日(木曜日)
  • 2019年11月14日(木曜日)
  • 2019年12月12日(木曜日)
  • 2020年1月9日(木曜日)
  • 2020年2月13日(木曜日)
  • 2020年3月12日(木曜日)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。町田新産業創造センター申込ページ

知財無料相談会の詳細や申込みはこちらから

2019年度下期知財無料相談会チラシ

チラシのダウンロードはこちらから

まちだキッズ発明体験教室

多くのお子様に小さなころから発明の楽しさや大切さを知ってもらうため、春休みと夏休みを利用して、小学生向けの発明体験教室を開催します。電子紙芝居や発明工作を通して、知的財産や発明について楽しく学べます!

<まちだキッズ発明体験教室(夏)>
 ※本イベントは終了しました。次回は2020年春に開催する予定です。
 開催場所:町田新産業創造センター1階イベントスペース
 開催日:2019年8月3日 14時から16時
 講師:日本弁理士会関東会 遠田氏・相原氏・本谷氏

広報まちだ 2019年8月15日号

「広報まちだ」でも本イベントについて紹介しています

  • 開催レポート

当日は、日差しが照りつける暑い中にも関わらず、25名の小学生の皆さんが参加してくれました。
前半は、「電子紙芝居」と中学生のお兄さん、お姉さんのお芝居や、弁理士の先生が出題する 「発明クイズ」への挑戦を通して、「知的財産」や「発明」の重要性についてみんなで学びました。「あの有名なカップラーメンの発明は日本人だった!」など、たくさん新しい発見があったようです。
後半はいよいよ「発明工作」。用意された工作の材料を使って、みんなでオリジナルのペン立て作りにチャレンジしました。
ペンと消しゴムを別々に取り出せる発明をした作品、ペンを一本ずつ分けて大切にしまえる発明をした作品などがありましたが、中には一人で五種類近くの発明をしたお友達もいて、とっても盛り上がりました!
お互いに作品を見せ合ったり、弁理士の先生に工夫した点をアピールしたりと、オリジナルの作品づくりを楽しんでもらうことで、「知的財産」や「発明」の大切さを感じてもらえた一日になりました。

あ 「発明クイズ」の様子

あ 「発明工作」ではみんな真剣です

あ 長さを測ってきれいに作りました

あ さまざまな発明作品と、未来の発明家(?)が勢ぞろい!

あ まちだキッズ発明体験教室(夏)チラシ

チラシのダウンロードはこちらから

各種事業者向けセミナー

産業財産権に関する基礎的な知識から、開放特許の活用や海外出願に関する内容まで、さまざまなテーマで事業者の方を対象としたセミナーを不定期に開催します。ニーズに合わせて、ぜひご参加ください!

※PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。) Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの担当課へのお問い合わせ

担当課:
経済観光部 産業政策課
電話:
042-724-3296
FAX:
050-3101-9615

WEBでのお問い合わせはこちら(専用フォームへのリンク)