このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
町田市


サイトメニューここまで
本文ここから

市債権の徴収一元化

更新日:2019年4月1日

納税課債権対策係では、下記の債権について、一定条件のもとで各所管課から徴収業務を移管し、市債権の徴収一元化に取り組んでいます。

市債権とは

市債権には、公債権と私債権があります。公債権とは、公法上の原因(処分)に基づいて発生する債権で、強制徴収公債権と非強制徴収公債権に分けられます。私債権とは、私法上の原因(契約など)に基づいて発生する債権です。

一元化の対象とした債権

  • 市税
  • 国民健康保険税
  • 後期高齢者医療保険料
  • 介護保険料
  • 利用者負担額等(保育料)
  • 下水道使用料
  • 下水道事業受益者負担金
  • 生活保護費返還金
  • 国民健康保険給付費返還金
  • 児童扶養手当返還金
  • 児童育成手当返還金

これらを滞納すると

滞納債権によっては、不動産や自動車の所有状況照会、勤務先への給与照会等の財産調査を行います。
また、財産の差押等の滞納処分や民事訴訟・強制執行等によって徴収を行います。
お支払いいただいている方との公平性を確保し、健全な財政を維持するために、皆様のご理解ご協力をお願いします。

このページの担当課へのお問い合わせ

担当課:
財務部 納税課 債権対策係
電話:
042-724-3295
FAX:
050-3085-6237

WEBでのお問い合わせはこちら(専用フォームへのリンク)