市税のPayPay(請求書払い)による納付

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2021年7月13日

PayPay請求書払いで市税等のお支払いができます。スマートフォンから、”いつでも、どこでも”、簡単にお支払いができます。

PayPayの概要

「PayPay請求書払い」とは、PayPay株式会社が提供しているキャッシュレス決済で、「PayPay」アプリの中にある「請求書払い」を利用し、支払いをすることができるサービスです。PayPay請求書払いで、納付手数料はかかりません。(ただし、インターネット等の使用料・通信費等については、お客様のご負担となります。)

スマートフォンへアプリのインストール及び銀行口座等からチャージ(入金)が必要です。利用登録やチャージ方法の詳細については、PayPay株式会社のホームページをご覧ください。

PayPay請求書払いで支払いするために必要なもの

  • 納付書
    注記:納付書の左下にコンビニ収納用のバーコードが印刷されているもの。バーコードが印刷されていないものは使用できません。
  • PayPayアプリがインストールされたスマートフォン

PayPay請求書払いにおける注意点

  • 納付書1枚につき金額が30万円以下のものが使用できます。30万円を超えるものは使用できません。納付書・納入書裏面の金融機関等をご利用ください。
  • 納付金額は、事前にチャージされた残高で支払いを行います。
  • チャージ残高が請求額に足りないときは、支払いできません。
  • 一度納付が完了した決済は一切取り消しができません。
  • PayPayで一度支払い済の納付書については,誤って金融機関やコンビニエンスストア窓口等で納付しないようご注意ください(二重払いにご注意ください)。
  • パソコン・フィーチャーフォン(ガラケー)からPayPayによる納付はできません。
  • 金融機関やコンビニエンスストア、市役所・各市民センター等の窓口ではPayPayでお支払いできません。
  • 納付手数料は無料でご利用いただけますが、インターネット等の使用料・通信費等については、お客様のご負担となります。
  • 町田市から領収証書は発行されません。領収証書が必要な方は、金融機関、コンビニエンスストア、本庁舎、町田市内の各市民センター(忠生市民センター・鶴川市民センター・南市民センター・なるせ駅前市民センター・堺市民センター・小山市民センター)などの窓口で必ずお支払いをしてください。
  • 町田市でお支払いの確認が出来るまでには、日数(20日程度)がかかります。

PayPay請求書払いについてのQ&A

PayPay請求書払いについてのQ&A(よくある質問と答え)を掲載しています。

PayPay請求書支払いとは何ですか?

納付書に印字されているバーコードを、スマートフォンの中にインストールしたPayPayのアプリを利用してバーコードを読み取り納付ができるサービスです。

利用するために必要な手続きはありますか?

スマートフォンにPayPayのアプリをインストールして、PayPayへの登録およびチャージを行います。

注記:パソコン・フィーチャーフォン(ガラケー)からPayPayによる納付はできません。

利用できる納付書はどれですか?

納付書1枚につき30万円以下のもので、バーコードが印字されている納付書に限ります。また、バーコードがない納付書や、汚れ等によりバーコードを読み取れない納付書は使用できません。なお、支払い期限切れの納付書も使用できません。

納付金額に上限はありますか?

納付書1枚につき金額が30万円以下のものが使用できます。

納付する場合の手数料はいくらかかりますか?

手数料はかかりません。

PayPay請求書払いで納付手続き後に、取り消すことはできますか?

一度納付が完了した決済は一切取り消しができません。

領収証書は発行されますか?

領収証書は発行されません。

領収証書が必要な方は、金融機関、コンビニエンスストア、本庁舎、町田市内の各市民センター(忠生市民センター・鶴川市民センター・南市民センター・なるせ駅前市民センター・堺市民センター・小山市民センター)などの窓口で必ずお支払いをしてください。

このページの担当課へのお問い合わせ
財務部 納税課

電話:042-724-2121

ファックス:050-3085-6237

WEBでのお問い合わせ