給与所得控除に係る改正点について

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2017年12月15日

給与所得控除の上限額の改正

平成26年度の税制改正により、給与所得控除の上限額が段階的に引き下げられることになりました。
平成30年度以降の課税分における給与所得控除の上限額は下表の通りとなります。

改正後の給与所得控除の上限額とその適用時期
適用時期 平成30年度以降の課税分 平成29年度課税分(現行) 平成26年度から平成28年度課税分(参考)
給与所得控除の上限額が適用される給与収入金額 1000万円超 1200万円超 1500万円超
給与所得控除の上限額 220万円 230万円 245万円

給与所得控除とは、給与を得るためにかかる必要経費に相当する額を一定の算式により計算した控除のことで、給与収入金額に応じて決まります。

このページの担当課へのお問い合わせ
財務部市民税課

WEBでのお問い合わせ

電話:042-724-2114・2115
FAX:050-3085-6084