町田市住みよい街づくり条例の改正について

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2021年10月25日

改正の目的

地区の特性を活かした市民主体の街づくりを目的に2004年に施行した「町田市住みよい街づくり条例」は、市民の街づくりへの意識の変化を踏まえて、新たなマスタープランで示す暮らし方やまちの中での多様な活動を、地区の単位で実現していくための仕組みへと改正する取り組みを進めています。

改正のポイント1 条例が支援する”街づくり”の対象を「多様な街づくり活動」へ拡大

  • 条例の支援対象を「環境保全/市街地整備に係る特定のテーマ」に限らず、「地域資源を活かした地区の魅力を高める活動や取り組み」へと拡大し、街づくりに対する市民のモチベーションを支えます。
  • ”団体認定”から”活動認定”へ変更することで、より活動に取り組みやすい環境をつくります。

改正のポイント2 条例の「まちビジョン」を「都市づくりのマスタープラン」へ位置付け

  • 地区住民と市が協働でつくる地区の街づくりの将来像「まちビジョン」を「都市づくりのマスタープラン(コンテンツ編)」に位置付ける仕組みとし、市の都市づくりの方針とします。
  • 「まちビジョン」は、地区住民や地区内で活動している団体等と市が協働で話し合いを重ねてつくり上げます。

改正のポイント3 大規模土地取引の際の手続き新設/開発等構想段階での協議拡充

  • 一定規模以上の大規模土地について、取引段階で土地情報の届出制度を新たに設けることで、市及び市民の街づくりの方針を周知し、その後の土地利用計画につなげます。
  • 一定規模以上の開発等の構想について、「市民と事業者」の協議を現行制度より早い段階で実施するとともに、「事業者と市」の協議を新設することで、地域特性等を早期に把握し、開発等の計画づくりへ活かせるようになります。

検討体制と経過

検討にあたっては、条例に基づく「町田市街づくり審査会」(以下、「街づくり審査会」という。)に諮問し、街づくり審査会の専門部会として「町田市住みよい街づくり条例改定検討委員会」(以下、「検討委員会」という。)を設置し、新制度の設計や条例素案の検討を行いました。
2020年1月31日 街づくり審査会へ諮問
2020年2月20日 検討委員会を設置
2020年6月11日 第1回検討委員会開催
2020年7月22日 第2回検討委員会開催
2020年9月28日 第55回街づくり審査会において検討委員会から中間報告
2020年10月23日 第3回検討委員会開催
2020年12月21日 第4回検討委員会開催
2021年2月9日 第5回検討委員会開催
2021年3月9日 第56回街づくり審査会において検討委員会から中間報告
2021年4月21日 第6回検討委員会開催
2021年5月26日 第57回街づくり審査会において検討委員会から最終報告
2021年5月31日 街づくり審査会より答申

答申

街づくり審査会から受けた答申は次のとおりです。

パブリックコメント

2021年9月15日(火曜日)から2021年10月14日(木曜日)まで、パブリックコメントを実施しました。パブリックコメントの概要と実施結果につきましては、以下のページをご覧ください。

関連情報

このページの担当課へのお問い合わせ
都市づくり部 地区街づくり課

電話:042-724-4266

ファックス:050-3161-6013

WEBでのお問い合わせ