UR都市機構と連携協力に関する協定を締結しました

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2020年4月6日

町田市と独立行政法人都市再生機構(以下「UR都市機構」という。)は、「多様な世代が生き生きと暮らし続けられる住まい・まち」を実現するために、多摩都市モノレール町田方面延伸を見据えたまちづくり及びUR賃貸住宅ストック再生に向けて、協働で取り組むことに合意し、2019年3月25日(月曜日)に協定を締結しました。
少子高齢化や人口減少が急速に進展する社会環境の中では、町田市内の団地及び周辺地域が魅力をもって、将来にわたって選ばれ続けるまちであることが必要です。多摩都市モノレール町田方面延伸は、団地及び周辺地域の交通利便性を高め、大きく改変するまちづくりの動きを喚起するものです。このことから町田市とUR都市機構は、連携・協力し、ストック再生に取り組みます。

協定の内容

締結日

2019年3月25日

締結先

独立行政法人都市再生機構 東日本賃貸住宅本部

本協定の対象団地

  • 鶴川
  • 町田山崎
  • 藤の台
  • 成瀬駅前ハイツ
  • ニュータウン小山田桜台

このページの担当課へのお問い合わせ
都市づくり部都市政策課多摩都市モノレール推進室

電話:042-724-4077

ファックス:050-3161-5502

WEBでのお問い合わせ