9月20日は「バスの日」 ~ぜひバスと触れ合ってみてください!~

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2021年9月21日

9月20日はバスの日 バナー

9月20日は、京都市で1903年に日本最初のバスが走った日です。
日本バス協会はこれを記念して9月20日を「バスの日」と定めています。
この日にちなみ、市内の大切な移動手段であるバスに親しみをもってもらうため、市内各所でバスをテーマにした様々なイベント等を行っています。
開催にあたっては、117名の市立保育園児の皆さんが「バスの絵」を描いてくれました。
この機会に、ぜひバスに触れ合ってみてください。

「バスの絵」はこちらでもご覧いただけます。

広報まちだ9月15日号では、「未来のくらしを支えるバス」の特集が組まれています。

注記:ご来場の際は、マスク着用や手指の消毒等、新型コロナウイルスの感染症対策にご協力をお願いします。また、感染症の状況により、各イベント等は期間変更や中止となる可能性があります。

企画協力

市庁舎1階イベントスタジオ「バスの日」企画展示

期間

9月21日(火曜日)から10月1日(金曜日) 注記:開庁日のみ開催

内容

  • バスの豆知識に関する様々なパネルの展示
  • バスに関するクイズコーナー (来場特典あり)
  • 保育園児が描いた「バスの絵」の展示

中央図書館4階 「バスや乗り物の本」特集

期間

9月10日(金曜日)から10月13日(水曜日)

内容

  • バスや乗り物をテーマにした本の特集コーナー
  • 保育園児が描いた「バスの絵」の展示

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。中央図書館 施設案内(外部サイト)

中央図書館の開館日、開館時間、アクセス等はこちら

町田市民文学館ことばらんど2階 「つながる・つながれ!のりものえほん展」

期間

7月31日(土曜日)から10月3日(日曜日)

内容

  • バスや地下鉄、新幹線やフェリーなど、人と人、街と街を”つなげる”乗り物の魅力を絵本原画で紹介
  • 保育園児が描いた「バスの絵」の展示

「つながる・つながれ!のりものえほん展」の詳細はこちら

市民バスまちっこ等 「バスの絵」を車内に展示

期間

10月18日(月曜日)から12月24日(金曜日)

内容

保育園児が描いた「バスの絵」を、市民バスまちっこ及び小山田桜台・多摩南地域病院間運行小型バスの車内に展示

市民バスまちっこ(公共施設巡回ルート)の詳細はこちら

市民バスまちっこ(相原ルート)の詳細はこちら

小山田桜台・多摩南部地域病院間運行小型バスの詳細はこちら

新型コロナウイルスの感染拡大により、すべてのイベントは期間変更または中止となる場合があります。

このページの担当課へのお問い合わせ
都市づくり部 交通事業推進課

電話:042-724-4261

ファックス:050-3161-6322

WEBでのお問い合わせ