町田市耐震改修促進計画

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2020年4月1日

2016年3月に、「町田市耐震改修促進計画」を改訂をいたしました。

1995年の『阪神・淡路大震災』や近年の『新潟中越沖地震』では、多くの尊い人命が失われ、また家屋の損壊被害も発生しました。
1981年6月、地震に対する建物の耐震性能の基準を定めた建築基準法が大幅に改正され(新耐震)、この改正以前に建てられた建築物に大きな被害が見られました。
本計画では1981年以前に建てられた建築物の耐震診断及び耐震改修を促進し、大地震による被害を未然に防止するための取り組みを示しています。

本計画の計画期間は、2016年度から2020年度までとします。

建築物の耐震化を進めるためには、住宅や建築物の所有者が、自らの問題・地域の問題として意識して取り組むことが大切です。
「安心して住めるまち」を実現するために、市民の皆様のご協力をお願いします。
※2020年4月1日に町田市耐震改修促進計画へ、ブロック塀の倒壊防災対策を追記しました。さらに、町田市内の耐震化を促進させるため、町田市耐震化緊急促進アクションプログロムを位置付けました。

町田市耐震改修促進計画

関連情報

助成制度等のご案内

このページの担当課へのお問い合わせ
都市づくり部 住宅課

電話:042-724-4269

ファックス:050-3161-6109

WEBでのお問い合わせ