新型コロナウイルス感染症の影響により市営住宅使用料等の納付が困難な方へ

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2020年5月7日

使用料等の徴収猶予について

新型コロナウイルス感染症の流行にともない市営住宅使用料等の納付ができない場合は、申請により徴収猶予を受けることができます。

制度概要

  • 新型コロナウイルス感染症の流行拡大により一時的に所得が減少した世帯は、申請により市営住宅使用料等の徴収猶予を受けることができるようになります。
  • 2020年4月以降の市営住宅使用料につき、納付期限を過ぎていない3か月分までの納付期限を6か月以内の範囲において延長することができます。
    また、再申請により更に追加で3か月分の市営住宅使用料等の納付期限延長が可能です。
  • あくまで納付期限の延長であり、減免とは異なります。失職等により恒久的に所得が減少し、減免等の対象になる場合は別途手続きが必要となります。

対象となる方

  • 新型コロナウイルス感染症の影響により一時的に所得が減少した世帯。

申請手続等

  • 納付期限までに申請が必要です。
  • 徴収猶予を希望する方は、住宅課へご相談ください。

このページの担当課へのお問い合わせ
都市づくり部 住宅課

電話:042-724-4269

ファックス:050-3161-6109

WEBでのお問い合わせ