マイナンバーカード(個人番号カード)・電子証明書の有効期限の更新について

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2020年7月31日

新型コロナウイルス感染症拡大に伴う対応について

有効期限切れ通知の遅延について

マイナンバーカードと電子証明書の有効期限切れのお知らせは、有効期限が切れる3か月前頃に送付しています。
現在、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け、有効期限切れのお知らせの送付が遅延しております。
なお、有効期限切れの通知が届かなくても、有効期限まで3か月をきった日から、更新の手続きをすることができます。
例:5月26日が有効期限の場合は、2月27日から手続きできます。

更新手続きに関してよくある質問

  1. 有効期限までに手続きに行かないといけないのですか。

有効期限が切れた後で手続きをしても、有効期限が切れる前に手続きをしても、効力や手数料の取り扱いは変わりません。お時間に余裕があるときや、感染症の状況が落ち着いてから手続きいただいても問題ありません。
ただし、有効期限が切れた場合には、新しいカードや電子証明書が発行されるまでの間は一時的に利用できなくなりますので、ご了承ください。

  1. 電子証明書の更新手続きは、必ずしなければならないのですか。

電子証明書の更新手続きは、必要な方だけしていただければ差し支えありません。e-Taxでの確定申告(電子申告)や、コンビニでの住民票取得などを利用される方、マイナポイントの取得予定がある方については更新手続きの必要がありますが、こうしたサービスの利用予定がない方は、更新手続きをとる必要はありません。

  1. 有効期限切れの通知が届かないのですが、更新できますか。

有効期限切れの通知が届かなくても、有効期限まで3か月をきった方は、更新の手続きをすることができます。
例:5月26日が有効期限の場合は、2月27日から手続きできます。

マイナンバーカード(個人番号カード)の有効期限の更新について

マイナンバーカード(個人番号カード)は、有効期限まで3か月をきった日から更新の手続きをすることができます。お持ちのマイナンバーカードの有効期限をご確認いただき、期限内に更新の手続きを行ってください。期限が切れてしまうと、有効な身分証として使えなくなり、内蔵されている電子証明書も利用できなくなります。
例:5月26日が有効期限の場合は、2月27日から手続きできます。

有効期限切れとなる対象の方は、地方公共団体情報システム機構(J-LIS)からお知らせの通知が届きますので、ご確認ください。

(注記)マイナンバーカードの有効期限は、20歳未満の方の場合は発行日後5回目の誕生日、20歳以上の方
は発行日後10回目の誕生日となっています。

マイナンバーカードの更新手続きについて

手続きの方法は以下の通りです。

  • スマートフォン・パソコン・証明写真機からオンラインで申請する

スマートフォン・パソコンから申請を行う場合は、申請書IDが必要です。有効期限が近づくと、地方公共団体情報システム機構(J-LIS)から有効期限のお知らせの通知が届きますので、通知文に記載のある申請書IDを用いて申請を行ってください。

  • 郵送で申請する

インターネットから申請書をダウンロードし、必要事項を記入し、顔写真を添付の上、下記の宛先に送付してください。申請書にはマイナンバーを記載する欄があります。番号が不明な方は、申請方法について事前にお問い合わせください。
<送付先>
郵便番号219-8650
日本郵便株式会社川崎東郵便局郵便私書箱第2号
地方公共団体情報システム機構
個人番号カード交付申請書受付センター宛

  • 市庁舎または各市民センターの窓口で申請する

上記の方法で申請ができない方は、市庁舎1階市民課または各市民センターの窓口へお越しください(各連絡所では、手続きできません)。その場合は、マイナンバーカードと顔写真(縦4.5cm、横3.5cm)をお持ちください。

マイナンバーカードの有効期限が切れてしまった方は

マイナンバーカードの有効期限が切れてしまっても、有効期限通知書がお手元にある場合は、通知書に記載されている申請書IDとQRコードを利用して、オンラインで更新のお手続きができます。マイナンバーカードの有効期限まで3か月をきった方で、有効期限通知書が届いていない場合や、有効期限通知書を紛失してしまった場合は、市民課マイナンバー係(電話:042-860-6195)へご連絡ください。

手数料

マイナンバーカードの有効期限の更新手数料は無料です。
ただし、紛失などのためマイナンバーカードを返納できない場合は有料(1000円。うち、カード再交付手数料が800円、電子証明書発行手数料が200円)です。
(注記)外国人住民の方(特別永住者および永住者を除く)の、在留期限切れに伴うマイナンバーカードの有効期限切れについての再交付は有料(上記と同額)です。

電子証明書の有効期間の更新について

電子証明書は、有効期限まで3か月をきった日から更新の手続きをすることができます。お持ちのマイナンバーカードに電子証明書が搭載されている方は、有効期限をご確認いただき、期限内に更新の手続きを行ってください。期限が切れてしまうと、e-TAXを使って確定申告を行うことや、コンビニエンスストアで住民票等の証明書を発行することができなくなります。
例:5月26日が有効期限の場合は、2月27日から手続きできます。

有効期限切れとなる対象の方は、地方公共団体情報システム機構(J-LIS)からお知らせの通知が届きますので、ご確認ください。
電子証明書の有効期限は、マイナンバーカードの表面に手書きで記載しています。なお、電子証明書を搭載していない場合や、他市区町村で発行されたマイナンバーカードの場合、有効期限が記載されていない場合があります。

(注記)電子証明書の有効期限は、マイナンバーカード発行日後5回目の誕生日となっています。

電子証明書の更新手続きについて

申請できる人

本人または代理人
(注記)15歳未満の方は親が代理申請、成年被後見人の方は成年後見人が代理申請することとなります。
(注記)15歳未満の方は、署名用電子証明書の搭載はできません。

必要書類

  • 現在有効なマイナンバーカード

(注記)手続きの際、交付時に設定した数字4桁の暗証番号、および英数字6桁以上16桁以内の暗証番号が必要です。英字は大文字のみで、英字・数字両方とも含む必要があります。ご確認の上、お越しください。
(注記)15歳未満の方で親が代理申請される場合は、本人のマイナンバーカードと代理人の身分証明書(免許証やパスポート等顔写真付の身分証に限る)をお持ちください。親子で住所が異なり、かつ町田市に本籍がない場合は、親子関係が確認できる書類(戸籍謄本等)をお持ちください。
(注記)成年後見人が代理申請される場合は、本人のマイナンバーカードと代理人の身分証明書(免許証やパスポート等顔写真付の身分証に限る)、登記事項証明書をお持ちください。

(代理人の場合)

  • 申請を行う本人の現在有効なマイナンバーカード
  • 代理人の本人確認書類(免許証やパスポート、マイナンバーカード等顔写真付の本人確認書類に限る)
  • 照会書兼回答書(照会書兼回答書封入封筒に入れ、封緘してお持ちください。)

(注記)手続きの際、交付時に設定した数字4桁の暗証番号、および英数6桁以上16桁以内の暗証番号が必要です。暗証番号が確認できない場合は、手続きをすることができません。ご確認の上、お越しください。

電子証明書の有効期限が切れてしまった方は

電子証明書の有効期限が切れてしまった方は、マイナンバーカードが有効であれば、新規で電子証明書を発行することができます。電子証明書が必要な方は、市民課または各市民センターの窓口で手続きを行ってください。
手続きには、ご本人がマイナンバーカードを持参して手続きしてください。代理人が手続きする場合は、手続きの流れが異なりますので、必ず事前にお問い合わせください。

手数料

電子証明書の有効期限の更新手数料は無料です。

マイナンバーカード・電子証明書の暗証番号を忘れてしまったときは

申請窓口

  • 市庁舎1階市民課
  • 各市民センター

このページの担当課へのお問い合わせ
町田市役所 市民部市民課

電話:042-860-6195

ファックス:050-3085-6262

WEBでのお問い合わせ