生活困窮世帯等の子どもの生活・学習支援事業(わくわく教室 水・金コース)のスタッフを募集します

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2021年4月15日

小・中学生の学習指導を行う学習支援スタッフを募集します

募集概要

生活困窮世帯等の子ども達に向け、学習支援などを行っていただきます。実際に子ども達に接することのできる、貴重な経験をすることができます。
特に教師を目指している方や、教育や学習に関する仕事を目指している方、貧困等のテーマに関心がある方を募集しています。

活動内容

学習支援を中心に、教室の運営全般を行っていただきます。基本的には2対1の個別支援となります。受講生の定員は水曜日コース、金曜日コース共に25名です。

応募要件

次のいずれかの条件を満たしている方。

  1. 大学・短期大学等で学ぶ学生で、子どもの学習支援に興味をお持ちの方。
  2. 教員免許をお持ちの方、または以前教員免許を取得された一般の方。免許の種別は問いませんが、学習支援教室における指導教科が指導できることが必要です。

場所

わくわくプラザ町田(JR・小田急町田駅徒歩5分程度)

開催日・期間

毎週、水曜日と金曜日の午後5時30分から午後8時30分までが学習支援スタッフの活動時間になります。学習指導は休憩などをはさみながら、午後6時から午後8時までの間、計120分行います。その前後に、打ち合わせを各30分行います。年末年始、夏季期間の一部を除き、2022年3月まで実施し、開催回数は水曜日コース、金曜日コース合わせて全72回を予定しています。初回は水曜日コース6月9日、金曜日コース6月11日を予定しています。
学習支援スタッフにご応募いただいた方には、事前に2回程度の研修を予定しています。

指導教科

小学生(4年から6年まで)は国語、算数、英語。中学生は国語、数学、英語です。受講生は、自分が必要とする科目を選ぶことできます。

報酬等

1回あたり3,500円で、交通費相当分を含みます。月単位で集計し、翌月25日頃にお支払いします。
また、活動中の事故については保険が適用され、保険料は市が負担します。

応募方法

応募される方は、下記の事項を明記の上、5月14日(金曜日)までに件名「スタッフ応募」とし、電子メールでお申込みください。
期限以降もご興味のある方はお問い合わせください。

  1. 名前(漢字・カナ)
  2. 住所(建物名・部屋番号)
  3. 生年月日
  4. 学校名・学部・学年(学生の方のみ)
  5. 志望動機(簡単で結構です)
  6. 連絡用電話番号(日中に連絡が可能なもの)
  7. 連絡用メールアドレス(送信時とは異なる場合のみ)

応募先メールアドレス
mcity4100@city.machida.tokyo.jp

事前面談

応募いただいた方には、事前に面談を行います。面談の日時、場所については、個別に調整させて頂きます。

新型コロナウイルス感染症による影響について

新型コロナウイルス感染症の影響により、状況に応じてスケジュール等に変更が生じる可能性があります。

このページの担当課へのお問い合わせ
町田市生活援護課 学習支援担当

電話:042-724-4013