新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金(申請期限延長)

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2021年8月18日

新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金

申請期限が8月31日から11月30日まで延長となりました。

新型コロナウイルス感染症感染防止のため、申請は郵送で受け付けております。
支給にあたっては要件がありますので、以下の内容を必ずご確認のうえ、申請を行うようお願いいたします。
注記:申請をされる方は、必ず書類のコピー等を取り、保管しておいてください。

申請受付期間

2021年7月1日から2021年11月30日まで(申請期間内消印有効)
注釈:申請期限が8月31日から11月30日まで延長となりました。

支給対象者

自立支援金の支給対象者については以下のファイルにてご確認ください。

支給額・支給期間・支給方法

  1. 支給額:支給対象者に該当する市民に対して、1か月ごとに以下の額を支給
    単身世帯 6万円
    2人世帯 8万円
    3人世帯以上 10万円
  2. 支給期間:最大3か月
  3. 支給方法:申請月の翌月10日頃若しくは25日頃(申請日による)に口座振込

注記:申請書類に不備のない場合に限る

申請に必要な書類

「必要書類確認シート(申請時)」に沿って必要書類をご確認ください。申請は郵送でお願いいたします。

自営業の方は追加で以下の「収支状況表」をご提出ください。

支給決定後に行うこと

自立支援金の受給期間中は公共職業安定所に求職の申込みをし、期間の定めのない労働契約又は期間の定めが6か月以上の労働契約による就職を目指し、以下に掲げる求職活動を全て行い、必要書類を毎月必ず提出してください。
注記:生活保護を申請し、当該申請に係る処分が行われていない状態にある場合はこの限りではありません。

  • 月1回以上、自立相談支援機関の面接等の支援を受ける
  • 月2回以上、公共職業安定所で職業相談等を受ける
  • 原則週1回以上、求人先へ応募を行う、または求人先の面接を受ける

必要書類

「必要書類確認シート(受給期間中毎月)」に沿って必要書類をご確認ください。提出は郵送でお願いいたします。

支給が中止となる場合

以下のいずれかに該当した場合、自立支援金の支給を中止します。

  1. 受給者が、上記「支給決定後に行うこと」が行われていないことが判明した場合、原則として、当該事実を確認した日の属する月の支給から中止する。
  2. 受給者が、期間の定めのない労働契約又は期間の定めが6か月以上の労働契約により就職した場合であって、当該就職に伴い当該者の収入額が基準額及び住宅扶助基準に基づく額を合算した額を超えた場合、原則として、当該収入額が得られた月の支給から中止する。
  3. 支給決定後、虚偽の申請等不適正な受給に該当することが明らかになった場合は、直ちに支給を中止する。
  4. 支給決定後、受給者が禁錮刑以上の刑に処された場合は、直ちに支給を中止する。
  5. 支給決定後、受給者又は受給者と同一の世帯に属する者が暴力団員と判明した場合は、直ちに支給を中止する。
  6. 受給者が生活保護費を受給した場合は、支給を中止する。
  7. 受給者が職業訓練受講給付金を受給した場合は、支給を中止する。
  8. 受給者が偽りその他不正な手段により再貸付の申請を行ったことが明らかになった場合は、直ちに支給を中止する。
  9. 上記のほか、受給者の死亡など、支給することができない事情が生じたときは、支給を中止する。

郵送先

〒194-8520
町田市森野2-2-22
地域福祉部生活援護課自立支援金対応センター

このページの担当課へのお問い合わせ
地域福祉部 生活援護課 自立支援金コールセンター

電話:03-6628-7266

ファックス:050-3101-1651

WEBでのお問い合わせ