このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
町田市


サイトメニューここまで
現在地
  1. トップページ の中の
  2. 暮らし の中の
  3. ごみ・環境 の中の
  4. 環境 の中の
  5. みどりと生きもの の中の
  6. イベント の中の
  7. 講演・フォーラム の中の
  8. 「スマホで撮れる!生きもの写真のコツ」を開催しました のページです。
本文ここから

「スマホで撮れる!生きもの写真のコツ」を開催しました

更新日:2019年11月6日

スマホで撮れる!生きもの写真のコツ―忠生公園内の野草や昆虫を観察しながら生きものを撮ろう

町田市には川の源流や、里山、街などいろいろな環境があり、いろいろな生きものが暮らしています。
市では、市内のどこに、どんな生きものがいるかを調査するため、野生の生きものの写真と見つけた場所の情報を、スマホアプリ「まちピカ町田くん」を使ってみなさんから集めています。
このたび、忠生公園自然観察会において、スマホでもできる写真の撮り方のコツをプロのカメラマンから教えてもらいました。

開催概要

  • 日時:11月3日(日曜・祝日)午前9時30分から11時30分 このイベントは終了しました
  • 場所:忠生公園(自然観察センター・忠生がにやら自然館に集合)
  • 講師:(一社)日本自然科学写真協会会員・畑田幸憲氏

まずは室内での講習

フィールドに出て、生きものの解説と写真の撮り方を教わりました。

タイアザミにホシホウジャクがやってきている場所へ。花の少ないこの時期、アザミ類の側で待つと、虫を撮るチャンスが。

スマホで撮影した羽化直後のテントウムシ!

講師に質問しながら、皆さん思い思いの生きものを撮っていました。

コバネイナゴ

アカスジキンカメムシの幼虫。大人になったら、タマムシみたいなキラキラの色になります。

ヤマトシジミ。薄曇りでチョウは少なかったものの、小さくひらひらと飛んでいました。

関連情報

生きもの発見レポートの写真を紹介します!

これまでに皆さんから送っていただいた写真は、こちらのリンクからご覧ください。

「生きもの発見レポート」募集!スマホでの生きもの調査にご協力を

町田市の生物多様性のページ

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。忠生公園のページ

市民通報アプリ・まちピカ町田くん(旧 道路通報アプリ・みちピカ町田くん)

本事業はみどり東京助成金を受けて実施しています。

このページの担当課へのお問い合わせ

担当課:
環境資源部 環境・自然共生課
電話:
042-724-4391
FAX:
050-3160-5220

WEBでのお問い合わせはこちら(専用フォームへのリンク)