地域の生きものがいる風景(ビオトープ)の写真を紹介します

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2020年2月20日

町田生きもの情報

市では、地域の野生生物のすみかになっている場所(ビオトープ)の写真を以下の通り募集しました。2019年8月から9月に応募いただいた写真を紹介します。

  • 対象:市内で1年以内に撮影した写真
  • 応募方法:200字以内のPR文、住所・氏名(個人の場合、イニシャルで公表したい場合はその旨明記)または団体名を明記し、写真を添付の上、提出。郵送(必着)(〒194-8520 町田市森野2-2-22 環境・自然共生課)またはメール(mcity3610@city.machida.tokyo.jp)へ。なお、メールに添付する写真は5メガバイト以内でお願いいたします。

写真

南つく蝶プロジェクト

小学校の校庭に、チョウを呼ぶためのガーデンを親子でつくっています。今年はキャベツにモンシロチョウ、クスノキにアオスジアゲハ、スミレにツマグロヒョウモン、夏みかんにアゲハが来ました。過去にはジャコウアゲハやキチョウ等も育っています。近年蝶の種類が少なくなり、ちょっと心配しています。近隣では、エノキの木にアカボシゴマダラ、桑の木に桑子(蚕の原種)を見つけました。
身近にいきものと出会える環境を大切にして行きたいです。

『くじら山』の緑を考える会

「本町田くじら山湧き水公園」は、雑木林や湧水の流れを含んだ自然豊かな緑地だった通称「くじら山」の宅地開発に伴って整備された公園です。自然の湧水が流れる浸水施設「せせらぎ水路」もあり、水に関する多くの生きもの達が見られます、「『くじら山』の緑を考える会(ホームページをご覧ください)が、公園の清掃や「湧水の流れ」の清掃・維持管理を行っています。ぜひ皆さん「本町田くじら山湧き水公園」に遊びに来てください。

関連情報

このページの担当課へのお問い合わせ
環境資源部 環境・自然共生課

電話:042-724-4391

ファックス:050-3160-5220

WEBでのお問い合わせ