ペットボトルの再資源化について

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2020年5月26日

皆さんの家庭から出されたペットボトルは、町田リサイクル文化センターで圧縮・梱包された後、再資源化を行う事業者へ引渡しています。
再資源化の方法としては、以下の2種類のルートがあります。

  • 指定法人ルート:公益財団法人日本容器包装リサイクル協会に依頼する方法
  • 独自ルート:民間事業者と直接契約する方法

町田市では2006年から指定法人ルートと独自ルートを併用してペットボトルの再資源化をしています。
事業者へ引渡されたペットボトルは、再生工場で破砕・洗浄され、プラスチック製品や布製品の原材料として再資源化されています。

2019年度ペットボトル引渡し量
  引渡し量 割合
指定法人ルート 545.37トン 53.4パーセント
独自ルート 475.09トン 46.6パーセント
合計 1,020.46トン -

2019年度独自ルート契約事業者

  • 2019年4月から2019年9月:ジャパンテック株式会社(栃木県鹿沼市深程990番地30)
  • 2019年10月から2020年3月:遠東石塚グリーンペット株式会社(茨城県猿島郡境町大字下小橋宇蝉野880番地)

このページの担当課へのお問い合わせ
環境資源部 資源循環課

電話:042-797-2732

ファックス:042-797-9167

WEBでのお問い合わせ