新たな浸水予想区域図が公表されました

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2018年11月15日

東京都より、境川と鶴見川の新たな浸水予想区域図が公表されました。
東京都では、特に大きな雨による水害の危険性を皆様にお知らせし、事前の予防策を進めていただくために、浸水予想区域図の作成・公表を行っています。
浸水予想区域図には、大雨が降った際に危険な場所(浸水の予想される区域)や危険の程度(想定される浸水深)が示されています。
詳細については東京都のホームページにてご確認ください。

現在公開している洪水ハザードマップは2005年7月と2007年10月に公表された浸水予想区域図を基に作成しています。

新たな浸水予想区域図を基にした洪水ハザードマップは2019年度中に作成する予定です。

このページの担当課へのお問い合わせ
防災安全部 防災課

電話:042-724-2107

ファックス:050-3085-6519

WEBでのお問い合わせ