2018年度町田市総合防災訓練を実施しました

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2018年9月13日

町田市総合防災訓練は、防災意識の向上や市や地域、防災関係機関の連携の強化を目的として毎年実施しているものです。

今年度は2018年8月26日(日曜日)に南成瀬中学校を中心として実施しました。消防団・消防署・警視庁・陸上自衛隊などによる震災演習のほか、防災関係機関による体験型訓練コーナーなどが行われ、854人が訓練に参加しました。

内容

震災演習  【南成瀬中学校】

マグニチュード7.3の多摩地域直下地震(町田市内の震度は6強を観測)を想定して、市、消防団、消防署、警察署、自衛隊を中心とした関係機関に、横浜市の消防局の応援を加えた救助活動訓練および医療関係団体による医療活動にかかる訓練を実施しました。

震災演習の様子震災演習の様子

防災フェア  【南成瀬中学校】

防災意識の啓発を目的とした関係機関による展示および体験コーナーを設置しました。

防災フェアの様子防災フェアの様子

応急給水訓練 【成瀬コミュニティーセンター】

応急給水施設に埋設されている緊急用に使用する応急飲料水用タンクからの給水訓練を実施しました。

応急給水訓練の様子応急給水訓練の様子

災害時医療救護訓練  【南町田病院、町田慶泉病院】

町田市地域防災計画で定められている災害拠点病院および災害拠点連携病院の相互の連携による災害時医療救護訓練を実施しました。

医療救護訓練の様子医療救護訓練の様子

帰宅困難者対策訓練 【JR成瀬駅、なるせ駅前市民センター】

駅前滞留者が発生したことを想定した、一時滞在施設との連携および誘導訓練を実施しました。

帰宅困難者対策訓練の様子帰宅困難者対策訓練の様子

このページの担当課へのお問い合わせ
防災安全部 防災課

電話:042-724-2107

ファックス:050-3085-6519

WEBでのお問い合わせ