このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
町田市


サイトメニューここまで
本文ここから

母子健康手帳

更新日:2015年12月28日

妊婦さんの画像

妊娠期から乳幼児期までの健康に関する重要な情報が、1冊の母子健康手帳で管理できます。

妊娠期から産後まで、新生児期から乳幼児期まで一貫して、健康の記録を、必要に応じて医療関係者が記載・参照し、また保護者自らも記載し管理できるよう工夫された、非常に優れた母子保健のツールです。

妊婦健康診査や乳幼児健康診査など各種の健康診査や訪問指導、保健指導の母子保健サービスを受けた際の記録や、予防接種の接種状況の記録がなされます。

これらが1冊の手帳に記載されるため、異なる場所で、異なる時期に、異なる専門職が母子保健サービスを行う場合でも、これまでの記録を参照するなどして、継続性・一貫性のあるケアを提供できるメリットがあります。

妊婦や保護者が、妊娠中や出生時、誕生日などの折々に、そのときの気持ちなどを記録できる欄が設けられており、家族の子育て期の記録、子育て支援ツールとしての活用も期待されています。

病院で妊娠が確定したら、妊娠届を出しましょう

2016年1月より、妊娠届には、マイナンバー(個人番号)が必要となります。

妊娠届出の際の必要書類

マイナンバー(個人番号)の記入に伴い、
(1)個人番号が確認できる書類と(2)身元確認ができる書類
が必要です。

妊婦本人が届け出る場合

個人番号カードをお持ちの方は、個人番号カードのみお持ちいただければ大丈夫です。
個人番号カードをお持ちでない方は、下記(1)、(2)の書類をそれぞれお持ちください。

個人番号カードをお持ちではない場合の必要書類
(1)個人番号が確認できる書類(下記から1点) (2)身元確認ができる書類
通知カード
個人番号入りの住民票 等
1点で良いもの 2点必要なもの
運転免許証
パスポート
住民基本台帳カード
在留カード
身体障害者手帳
精神障害者保健福祉手帳 等
保険証
年金手帳
社員証
学生証
学校が発行した在学証明書
預金通帳
医療受給証 等

妊婦以外(代理人)が届け出る場合

上記の(1)(妊婦本人の)個人番号が確認できる書類と(2)(代理人の)身元確認ができる書類に加え、(3)代理権を確認できる書類が必要です。

代理権を確認できる書類
代理人が法定代理人である場合
(成年後見人、未成年者の親など)
代理人が法定代理人以外である場合
(夫、パートナー、親、知人など)
戸籍謄本
続柄つき住民票
その他その資格を証明する書類
委任状※など本人の委任の事実を確認できる書類

※妊娠届には、この他に妊娠確定の診断を行った病院名、所在地、医師名をご記入いただきます。

このとき、母子健康手帳と「母と子の保健バッグ」を交付します

  • 届出場所:市庁舎7階保健予防課、健康福祉会館、保健所中町庁舎、各市民センタ-、町田駅前連絡所、南町田駅前連絡所、鶴川駅前連絡所、木曽山崎連絡所、玉川学園駅前連絡所、市民課(第2・4日曜日のみ)

※「母と子の保健バッグ」とは、妊婦健康診査受診票14枚、妊婦超音波検査受診票1枚やマタニティマーク、各種保健事業のご案内が入ったバッグです。

母子健康手帳は、外国語版もあります

ご希望の方は、窓口で職員にお申し出下さい。(英語、中国語、ハングル語、タイ語、タガログ語、インドネシア語、ポルトガル語、スペイン語)
なお、市庁舎7階保健予防課以外で申請をされた方は、後日郵送となります。

母子健康手帳を紛失された場合

万が一、母子健康手帳を紛失された場合は、再交付申請を行ってください。

マタニティマーク

マタニティマーク

妊娠初期は、赤ちゃんの成長はもちろん、お母さんの健康を維持するためにもとても大切な時期です。

しかし、外見からは見分けがつかないため、「電車で席に座れない」、
「たばこの煙が気になる」など妊婦さんにはさまざまな苦労があります。

国民運動計画「健やか親子21」推進検討会において、妊娠・出産に関する安全性と快適さの確保を目指し、「マタニティマーク」を発表しました。

マークは、妊婦さんが交通機関等を利用する際に身につけ、周囲に妊婦であることを示しやすくするものです。

また、交通機関、職場、飲食店等が、呼びかけ文を添えてポスターなどとして掲示し、妊産婦さんにやさしい環境づくりを推進するものです。

働きながら妊娠・出産・育児をされる方へ

妊娠・出産・産休・育休などを理由とする、解雇、不利益な異動、減給、降格などの不利益な取り扱いは、法律で禁止されています。
ご相談はこちらの電話番号にお願いいたします。

  • 東京労働局雇用均等室<電話:03-3512-1611>

※詳しくは以下のPDFファイルを参照してください。

※PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。) Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの担当課へのお問い合わせ

担当課:
保健所 保健予防課
電話:
042-725-5422
FAX:
050-3161-8634

WEBでのお問い合わせはこちら(専用フォームへのリンク)