町田市立小・中学校における新型コロナウイルス感染症にかかる出席停止、臨時休業の取扱等について

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2021年9月10日

町田市における新型コロナウイルス感染症にかかる出席停止、臨時休業の取扱等について、下記のとおりといたします。

学校内における新型コロナウイルス感染症拡大を防止するため、ご理解とご協力をいただきますようお願いいたします。なお、今後、国や東京都の方針や本市における感染拡大の状況により、本市の方針を変更する場合があります。

出席停止等の取扱・登校について

学校保健安全法(昭和33年法律第56号)第19条の規定に基づく等の出席停止の措置を取りますので、学校へ速やかに連絡いただき、児童・生徒等の出席を控えるようお願いいたします。出席停止とした場合には、欠席扱いになりません。

※学校における新型コロナウイルス感染症拡大を防止するため、ご家庭でのご理解とご協力をいただき、上記事項を遵守するようお願いいたします。

〈児童・生徒等の場合〉
 

状況

出席停止等の措置

出席停止等の期間

(1)感染が判明した場合

出席停止といたします。

保健所が指定する期間まで(通常は発症日から10日間経過し、かつ、症状軽快後72時間経過した場合)

(2)濃厚接触者と特定された場合

出席停止といたします。

(保健所の判断のもと濃厚接触者のPCR検査を実施)

最後に濃厚接触をした日から起算して2週間自宅待機。PCR検査の結果、「陽性」の場合には、(1)と同様

(注記)PCR検査の結果、「陰性」であっても2週間は自宅待機

(3)PCR検査を受ける場合(濃厚接触者と特定されていない場合)

出席停止といたします。

受けることが決まった日から、結果が判明するまで、自宅待機。「陽性」の場合には、(1)と同様。「陰性」の場合には、PCR検査の結果が判明するまで

(4)発熱等の風邪の症状がある場合(濃厚接触者と特定されていない場合)

出席停止といたします。

治癒するまで(かかりつけ医等が登校すべきでないと判断した期間)

(5)医療的ケアが日常的に必要な児童生徒等や基礎疾患等のある児童生徒等で重症化するリスクが高い場合

主治医等の見解を保護者に確認の上、個別に登校を判断。登校すべきでないと判断した場合の出欠の扱いについては、出席停止とします。

主治医等が登校すべきでないと判断した期間

(6)海外から帰国した場合

帰国後2週間は、学校・保護者間の連携を密にし、外出を控え、自宅滞在するように要請いたします。その間については、出席停止といたします。

帰国日から2週間

(7)感染症予防上、保護者が出席させなかった場合

感染の可能性が高まり、感染予防上、保護者が申し出る欠席理由が合理的と校長が判断する場合には、出席停止といたします。

 

(8)校内で、発熱等の風邪症状が発生した場合

安全に帰宅させ、かかりつけ医等が登校すべきでないと判断した期間、自宅で休養とします。その間については、出席停止といたします。

(4)と同様

(9)学校内の活動等で感染が疑われた場合

出席停止といたします。

保健所による濃厚接触者の特定等が出るまで。
濃厚接触者に特定された場合には、(2)と同様。
PCR検査のみとなった場合には、(3)と同様。
(注記)濃厚接触者として特定されず、またPCR検査も行う必要がないと判断された場合には、その段階で出席可能といたします。

(10)医療機関等においてワクチン接種を受ける場合出席停止といたします。 (※接種による早退及び遅刻の場合については、出席扱いとする) 
(11)ワクチン接種後、副反応が出た場合出席停止といたします。症状が治まるまで

(同居の家族等の場合)

状況

出席停止等の措置

出席停止等の期間

(12)感染が判明した場合

出席停止の措置

保健所による濃厚接触者の特定がされるまで、自宅待機。児童生徒が濃厚接触者に特定された場合には、(2)と同様

(13)濃厚接触者と特定された場合

出席停止の措置

(保健所の判断のもと濃厚接触者のPCR検査を実施)

陽性」の場合には、(12)と同様。

「陰性」の場合には、PCR検査の結果が判明するまで。

(14)PCR検査を受ける場合

※勤務先の方針や自身の判断でPCR検査を受ける場合は状況により対象外

出席停止の措置

受けることが決まった日から、結果が判明するまで、自宅待機。「陽性」の場合には、(12)と同様
(15)発熱等の風邪症状がある場合出席停止の措置治癒するまで

※学校における新型コロナウイルス感染症拡大を防止するため、ご家庭でのご理解とご協力をいただき、上記事項を遵守するようお願いいたします。

臨時休業措置(学級閉鎖、学年閉鎖、学校閉鎖)の取扱について

学校において感染者が発生した場合については、感染した者等の学校における活動の態様や、感染・濃厚接触の発生状況等を総合的に考慮し、学校・町田市教育委員会・保健所との協議のうえ、学校保健安全法(昭和33年法律第56号)第20条の規定に基づく臨時休業の有無及び範囲、期間を決定いたします。

このページの担当課へのお問い合わせ
学校教育部保健給食課

電話:042-724-2177

ファックス:050-3161-8681

WEBでのお問い合わせ