町田市立学校の適正規模・適正配置の基本的な考え方について

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2020年3月10日

町田市教育委員会(以下「教育委員会」)は、児童・生徒数の減少や学校施設の老朽化を契機として、町田市の教育目標である「夢や志をもち、未来を切り拓く町田っ子を育てる」の実現を基本的視点に据えて、2019年8月27日に町田市立学校適正規模・適正配置等審議会(以下「審議会」)を設置しました。
審議会では、学校ごとの学級数や学校施設機能といった教育環境の違いがもたらす学校教育上、学校経営上の課題を解決するために、現在だけではなく、10年後、20年後に町田に生まれ育つ未来の子どもたちの立場に立って、ソフト・ハードの両面からより良い教育環境をつくる視点から、2020年1月14日まで6回にわたって調査審議行われ、2020年1月24日に教育委員会へ答申されました。
教育委員会は、将来の変化を予測することが困難な時代においても、その環境変化や学校教育にかかる諸制度の改正にも対応することができる、より良い教育環境を整備し、充実した学校教育を実現するために、答申に基づいて、町田市立学校の適正規模・適正配置の基本的な考え方を以下のとおり決定しました。

このページの担当課へのお問い合わせ
学校教育部 教育総務課

電話:042-724-2172

ファックス:050-3161-7906

WEBでのお問い合わせ