このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
町田市


サイトメニューここまで
現在のページ

トップページ の中の 観光 の中の 観る・遊ぶ の中の 市のおでかけ施設 のページです。

本文ここから

市のおでかけ施設

更新日:2016年6月9日

市の主要な観光施設をご紹介します。
詳しい内容・交通・料金などについては、施設名をクリックし、各施設の専用ページでご覧下さい。

市の観光施設の位置が記載された町田市全図の画像 町田市全図(数字は観光施設の位置)

1.国際版画美術館

国際版画美術館の画像 国際版画美術館

世界でも数少ない版画の専門美術館です。
豊富な収蔵品を生かし、年間を通じて企画展等のなかで、いろいろなテーマによって版画の魅力をご紹介しています。
【所在地】原町田4-28-1

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。町田市立国際版画美術館ホームページ

2.町田市民文学館ことばらんど

町田市民文学館 ことばらんどの画像 町田市民文学館 ことばらんど

故・遠藤周作氏や故・八木義徳氏、故・桜田常久氏などの町田市ゆかりの文学者の文学資料を収集、保存し、さらに市民が互いに出会い、交流し、その成果を発表し合える「市民の文学活動」の拠点となることを目指しています。
町田ゆかりの作家・作品を紹介する企画展等も行なっており、自筆の原稿や愛用の品、関連資料等を様々な角度から楽しめます。
【所在地】原町田4-16-17

町田市民文学館 ことばらんど

3.町田シバヒロ

町田シバヒロの画像 町田シバヒロ

町田市役所本庁舎跡地に整備された芝生広場です。
芝生部分の面積は約5,700平方メートル。一般利用時は散歩や休憩、広場遊び等、無料で利用できます。また芝生をエリアに分けて占用利用することができます(事前予約制・有料)。地域の催事や見本市、展示市、物販イベント、グルメイベント、スポーツイベント等が開催されています。
裸足になって走り回れる天然芝と大きな広場が魅力です。
【所在地】中町1-20-23

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。「町田シバヒロ」公式ウェブサイト

4.市立博物館

市立博物館の画像 市立博物館

市内の埋蔵文化財や民俗資料、ガラス器、陶磁器、風俗画、大津絵等の美術工芸品を中心に、年に数回の展覧会(企画展・収蔵品展)を実施しています。
【所在地】本町田3562

市立博物館

5.青少年施設ひなた村

青少年施設ひなた村の画像 青少年施設ひなた村

町田市のほぼ中央に位置する緑豊かな小高い丘にあり、公園、博物館、住宅、団地に囲まれています。林の中の広場やホール、レクレーションルームなどを備えた青少年施設では、さまざまな体験ができます。
【所在地】本町田2863

6.町田薬師池公園 四季彩の杜

(1)薬師池(薬師池公園)

薬師池の画像 薬師池

町田市を代表する公園です。中心部には池があり、梅、椿、桜、はなしょうぶ、大賀ハス、新緑・紅葉等、四季折々の彩が訪れる人々を楽しませてくれます。
また、園内には町田市フォトサロン、萬葉草花苑、古民家などの施設が設けられています。
【所在地】野津田町3270

町田薬師池公園 四季彩の杜 薬師池(薬師池公園)

町田市フォトサロンの画像 町田市フォトサロン

  • 町田市フォトサロン

展示室では、主催する企画展示や写真愛好家の作品発表の場として、広く写真芸術を紹介しています。
また撮影会や写真に関する講座などのイベントもおこなっており、多彩なミュージアム活動を展開しています。

町田市フォトサロン

萬葉草花苑の画像 萬葉草花苑

  • 萬葉草花苑

万葉集に詠まれている草花や山野草など、年々姿を消していく草花を集めた草花苑です。
万葉集に詠まれている70種の草花のほか、260種の山野草が植栽されています。入苑は無料です。

(2)南園(町田えびね苑)【期間限定開園】

町田えびね苑の画像 えびね苑

園内では、エビネ、キエビネ、タカネエビネなど約10万株のエビネが群生するほか、クマガイソウ、クリンソウなどの野草も観賞できます。ラン科のエビネが咲く4月下旬から5月上旬まで、期間限定開園しています。
また、アジサイが咲く6月中には一定期間無料開園され、17種類約5,000株のアジサイを鑑賞できます。
(例年の開園期間:4月下旬~5月上旬、6月中旬)
【所在地】本町田3129-5

町田薬師池公園 四季彩の杜 南園(町田えびね苑)

(3)リス園(町田リス園)

町田リス園の画像 リス園

約2,500平方メートルの広場の中に、リスが登れない特殊フェンスとタカなどの進入を防ぐネットで囲まれた中に、タイワンリスが放し飼いにされています。来園者は中で直接エサを与えられるようになっています。
他にも、モルモット、カメ、ウサギのコーナーや、かわいいリスのグッズを購入できるギフトショップもあります。
【住所】金井町733-1

町田薬師池公園 四季彩の杜 リス園(町田リス園)

(4)ぼたん園(町田ぼたん園)

町田ぼたん園の画像 ぼたん園

関東で最大級の規模を誇るぼたん園には、約330種類1,700株のボタンと約60種類600株のシャクヤクが植栽されています。
(例年の開園期間:4月中旬から5月上旬。開園期間以外は、民権の森公園として無料開園)
【所在地】野津田町2274-1

町田薬師池公園 四季彩の杜 ぼたん園(町田ぼたん園)

(5)ダリア園(町田ダリア園)

町田ダリア園の画像 ダリア園

山崎町の小高い丘にあるダリア園は、関東以西では最大のダリア園です。広さは1万5,000平方メートルあり、夏から秋にかけて、赤、白、黄色など約500品種、4,000株の大・中・小輪のダリアが咲き競います。
(例年の開園期間:7月1日~11月3日)
【所在地】山崎町1213-1

町田薬師池公園 四季彩の杜 ダリア園(町田ダリア園)

7.ふるさと農具館

ふるさと農具館の画像 ふるさと農具館

町田の農業を後世に継承するため、また多くの市民に農業への理解を深めてもらうことを目的に設置し、パネル館、ふれあい館、体験実習館の3つの建物があります。
パネル館では、農業をテーマとしたパネルや写真を展示し、町田の農業などを紹介しています。
ふれあい館では、農家の人が使ってきた農機具や生活道具を展示しています。
体験実習館では、七国山地区で収穫した菜種を使い、油しぼりを毎月1回行い、ここでつくられたなたね油の販売をしています。
また近隣の畑では、景観作物と称し、ソバ、菜の花などが栽培されています。
【所在地】野津田町2288

ふるさと農具館

8.町田かたかごの森【期間限定開園】

町田かたかごの森の画像 町田かたかごの森

市内では大変珍しくなったカタクリの群生をはじめ、イチリンソウ、ヒトリシズカ、アズマイチゲ、シュロソウ、キツネノカミソリ等の多摩の自然を代表する貴重な植物が自生する面積約1ヘクタールの緑地です。
(「かたかご」とは、万葉集に詠まれた言葉で、カタクリのことを意味します。)
(例年の開園期間:4月上旬)
【所在地】山崎町1706-1

町田かたかごの森

9.忠生公園

忠生公園の画像 忠生公園

多摩丘陵の典型的な谷戸の地形を生かした公園で、自然観察会や体験学習などができます。
園内にある忠生公園自然観察センター(忠生がにやら自然館)には、講習室や展示室などが設置されています。
【所在地】忠生1-3-1

忠生公園

10.自由民権資料館

自由民権資料館の画像 自由民権資料館

自由民権運動及び町田の歴史に関する資料の収集、保管、閲覧を行なっています。民権関係の資料や写真を展示するコーナーや関係文献を閲覧するコーナーなどを備え、年2回の企画展開催なども行っています。
【所在地】野津田町897

自由民権資料館

11.小野路宿里山交流館

小野路宿里山交流館の画像 小野路宿里山交流館

江戸時代、小野路宿にあった旅籠のうちの旧「角屋」を改修して観光交流の拠点として再整備した施設です。
敷地内には、主屋のほか土蔵、製茶場、味噌蔵、長屋門等があります。
主屋ではお食事や休憩をとっていただけるほか、物産販売のコーナー等があります。
【所在地】小野路町888-1

小野路宿里山交流館

12.大地沢青少年センター

大地沢青少年センターの画像 大地沢青少年センター

豊かな自然の中で野外活動ができる青少年施設です。また、町田市内唯一の公共宿泊施設です。
町田市最高峰草戸山のふもとに位置し、境川源流のせせらぎを聞きながらキャンプやハイキング、自然観察などが楽しめます。
【所在地】相原町5307-2

●せせらぎの里町田市自然休暇村(長野県)

町田市自然休暇村の画像 町田市自然休暇村

町田市自然休暇村は、長野県の秩父多摩甲斐国立公園内にある宿泊可能な施設です。
標高1,500メートルの山あいにあり、カラマツ林の中を千曲川の支流の梓川が流れ、近くにはかわいらしい湖・梓湖があります。また、周囲には、金峰山や国師岳などの2,600メートル級の山々がそびえています。
【所在地】長野県南佐久郡川上村秋山53-15

せせらぎの里 町田市自然休暇村

関連情報

交通・宿泊

「町田市全図」「バス路線図」「バス情報(運賃・時刻表等)・駅情報」を掲載しています。

花暦

市の観光施設等、市内における花の名所・例年の開花時期を掲載しています。

このページの担当課へのお問い合わせ

担当課:
経済観光部 産業観光課
電話:
042-724-2128
FAX:
050-3101-9615

WEBでのお問い合わせはこちら(専用フォームへのリンク)