【事業期間を2か月間延長】デリバリー・テイクアウト支援給付金について

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2021年6月8日

緊急事態宣言が、2021年6月20日(日曜日)まで延長されたことを受け、市内飲食事業者のデリバリー・テイクアウトの実施機会を確保するため、「デリバリー又はテイクアウトを実施する期間」及び「申請期間」を2か月間延長します。

延長の内容(2021年6月3日更新)
  変更前 変更後
デリバリー又はテイクアウトを実施する期間 2021年5月1日から6月30日の間 2021年5月1日から8月31日の間
申請期間 2021年5月6日から7月30日まで 2021年5月6日から9月30日まで

市内の飲食事業者に対し、飲食物のデリバリーやテイクアウトの実施に係る経費(容器・包装紙の消耗品費、チラシの販促費など)として、一律5万円を給付します。

これにより、新型コロナウイルス感染症拡大等の影響により、厳しい経営状況が続く市内飲食事業者を支援するとともに、「新しい生活様式」の実践例である「食事のデリバリー・テイクアウト」を促進します。

注記:2021年6月3日(木曜日)に更新しました。

概要

給付対象者

中小企業者(注記1)のうち、次の要件をすべて満たす飲食事業者とします。

  1. 町田市内に事業所(店舗)を有すること
  2. 町田市内の事業所(店舗)において、飲食店営業又は喫茶店営業の許可を受けていること(注記2)
  3. 町田市内の事業所(店舗)内に、飲食スペースを有すること
  4. 2021年5月1日から8月31日の間に町田市内の事業所(店舗)において、飲食物のデリバリー又はテイクアウトを実施していること(緊急事態宣言等に伴い休業している場合は、休業以前からデリバリー又はテイクアウトを実施していること)
  5. 町田市内の事業所(店舗)において、今後もデリバリー又はテイクアウトを継続して実施する意思があること
  6. 市税を完納していること又は市税の徴収猶予の許可を受けていること

注記1:原則、中小企業基本法第2条第1項に該当する中小企業者をいう。ただし、(1)特定非営利活動促進法(平成10年法律第7号)第2条第2項に規定する特定非営利活動法人であって、常時使用する従業員の数が中小企業と同規模のもの、(2)一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年法律第48号)に規定する一般社団法人又は一般財団法人であって、常時使用する従業員の数が中小企業と同規模のもの、(3)中小企業信用保険法(昭和25年法律第264号)第2条に規定する中小企業者又は小規模企業者に該当する組合であって、常時使用する従業員の数が中小企業と同規模のもの、も対象とする。
注記2:食品衛生法施行令(昭和28年政令第229号)第35条第1号(飲食店営業)又は第2号(喫茶店営業)に該当する営業を行うことについて食品衛生法(昭和22年法律第233号)第52条の規定による営業許可を受けていることをいう。

給付額

1事業所(店舗)あたり5万円
注記:町田市内の事業所(店舗)分のみ

申請

申請期間

2021年5月6日(木曜日)から2021年9月30日(木曜日)まで(消印有効)

申請方法

郵送での申請となります。
申請書類(書類番号1から9)をすべて揃えた上で、以下の宛先に郵送してください。
郵送にあたりましては、簡易書留等、郵送物の追跡ができる方法を推奨します。

町田市デリバリー・テイクアウト支援給付金 申請書類提出先

〒194-8520

東京都町田市森野2-2-22

町田市産業政策課 デリバリー等支援担当

申請書類

  1. 町田市デリバリー・テイクアウト支援給付金申請書(指定様式)
    法人の場合は代表者印を、個人事業主の場合は請求書に使用する印を押印してください。
  2. デリバリー・テイクアウト実施状況報告書(指定様式)
  3. 町田市デリバリー・テイクアウト支援給付金申請に係る承諾書兼誓約書(指定様式)
    法人の場合は代表者印を、個人事業主の場合は請求書に使用する印を押印してください。
  4. 申請時チェックシート兼アンケート(指定様式)
  5. 町田市内の事業所(店舗)で、デリバリー又はテイクアウトを実施していることが確認できる資料(コピー可)
    1事業所(店舗)あたり2点を用意してください。
    用意する資料がA4サイズより小さい場合は、指定の貼り付け用紙に資料を添付してください。
  6. 町田市内の事業所(店舗)の外観の写真、及び事業所(店舗)内に飲食スペースを有することが確認できる内観の写真(指定の貼付け用紙)
    対象となる事業所(店舗)ごとに提出してください。写真の裏面には、事業所名(屋号名)を記入してください。
  7. 食品関係営業許可書(コピー)
    対象となる事業所(店舗)ごとに用意してください。
  8. 事業概要が分かる資料(コピー)
    法人:履歴事項全部証明書(発行後3か月以内のもの)
    個人:開業届、直近の確定申告書第1表(控え)、パンフレット等のいずれか
  9. 振込口座の通帳(コピー)
    金融機関名、金融機関コード、支店名、支店コード、預金種別、口座番号、口座名義(カナ)が分かる箇所をコピーしてください。

申請時の注意事項

  • 申請は、1事業者につき1回までです。町田市内に事業所(店舗)が複数ある場合、1回の申請で複数事業所(店舗)分の申請書類を作成し、申請してください。
  • 申請書類は、当ホームページにてダウンロードしてください。また、産業政策課窓口で申請書類を配布しております。
  • 申請書類は、原則片面A4サイズで提出してください。
  • 申請書類に不足や誤りがある場合、追加書類の提出を求めたり、確認の連絡をするため、給付に時間を要する場合がございます。送付時に「申請時チェックシート」を利用して、必ず確認してください。
  • ご提出いただいた申請書類は返却できませんので、予めご了承ください。

申請受付後の流れ

(1)申請書類の確認・審査

申請書類がすべて揃っているかを確認し、対象要件を満たしているか等を審査いたします。
資料の不足や不明点等が発生した場合は、申請書に記載された連絡先にお問い合わせいたします。
注記:申請者が給付の対象外だと判明した場合、申請書に記載された連絡先に、個別にご連絡いたします。

(2)給付金の給付

申請書類がすべて揃ってから、1か月程度で指定口座へ入金いたします。
通帳等に表示される振込名義は、「マチダシカイケイカンリシヤ」です。

(3)その他

給付決定の取消し及び給付金の返還

申請の内容及び申請書類に虚偽等が判明した場合、給付の取消し及び給付金の返還を求めます。

給付の決定及び給付額の確定

給付の決定及び給付額の確定は、給付金の振込をもって行います。
申請者に対し、別途通知等は行いません。予めご了承ください。

デリバリーやテイクアウトの実施にあたって

デリバリーやテイクアウトの実施における必要な衛生管理等については、下記ホームページをご覧ください。

関連情報

新型コロナウイルス感染症の影響を強く受けている市内の飲食事業者を支援するため、また、新しい生活様式の「食事のデリバリー」を促進するため、株式会社出前館(以下、出前館)と連携し、「町田市デリバリー利用促進キャンペーン」を実施しています。詳しくは下記ホームページをご覧ください。

このページの担当課へのお問い合わせ
経済観光部 産業政策課 デリバリー等支援担当

電話:042-794-7345

ファックス:050-3101-9615

WEBでのお問い合わせ