(仮称)町田市地域ホッとプラン(案)のパブリックコメントを実施しています!

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2021年9月15日

計画の概要

近年では、人口減少に伴う人口構造の変化だけでなく、テクノロジーの急速な進展による人と人とのコミュニケーション方法の変容、新型コロナウイルス感染症の拡大を契機とした新しい生活様式への転換などを受け、市民のライフスタイル・価値観は大きく変わろうとしています。また、地域ではコミュニティの希薄化が進むとともに、従来の公的支援では課題の発見や解決が困難な問題に直面する機会が増えてきており、これまで以上に人と人とのつながりやささえあいの必要性が高まっています。
そのため本計画は、身近な地域でささえあい、自分の役割や活躍の機会を得られ、誰もが自分らしく暮らすことのできるまちの実現を目指し、策定します。
計画策定にあたっては、協働による地域社会づくりを推進するために策定した「町田市地域経営ビジョン2030」と、社会福祉法第107条に基づき、地域福祉の推進に関する事項を定めた「第3次町田市地域福祉計画」の各後継計画を統合しています。

計画の期間

2022年度から2031年度

計画の基本理念

地域でささえあい 誰もが自分らしく暮らせるまちだ

主な計画統合のねらい

私たちの暮らしは地域コミュニティに支えられており、地域コミュニティは人と人とのつながりで成り立っています。そのため、地域コミュニティの希薄化と、個人や家族の困りごとを一体的に捉え、みんなで解決していくことを目指します。

主な計画の特色

  1. 2つのリーディングプロジェクトを設定しました。
    計画統合のねらいの一つである、地域コミュニティの希薄化と個人や家族の暮らしの困りごとを一体的に解決するため、本計画の先導的な役割を果たす取組を、新たに「リーディングプロジェクト」として設定しています。
  2. 地域のみんなの役割を整理しました。
    本計画は、市民、地域活動団体、事業者、社会福祉協議会、及び市の協働で進める計画です。そのため、第5章では新たにそれぞれの立場の主な役割を示しています。

意見の募集概要

意見の提出方法

  • 郵送:配布資料に添付されている専用封筒(料金受取人払郵便)を利用するか、市民協働推進課、または福祉総務課(〒194-8520、町田市森野2-2-22)へご郵送ください。
  • ファックス:市民協働推進課(050-3085-6517)、または福祉総務課(050-3101-0928)
  • Eメール:mcity5120@city.machida.tokyo.jp(両課共通、ご意見提出専用)
  • 資料を配布している窓口への直接提出(高齢者支援センター、障がい者支援センターは除く)
  • 意見提出用回答フォーム:以下のリンクからご回答いただけます。

募集期間

2021年9月15日水曜日から2021年10月14日木曜日

資料の閲覧・配布

上記の通り公開するほか、以下の窓口で閲覧・資料配布を行っています。

(注記)各窓口で開庁日・時間が異なりますのでご注意ください。

意見を提出できる方

市内に在住・在勤・在学されている方、及び市政に関しご意見等をお持ちの方。(個人、団体は問いません。)

担当課

市民協働推進課(電話:042-724-4362)
福祉総務課(電話:042-724-2133)

このページの担当課へのお問い合わせ
地域福祉部 福祉総務課

電話:042-724-2133

ファックス:050-3101-0928

WEBでのお問い合わせ