認知症等による行方不明高齢者探索サービス事業(GPS)

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2017年5月15日


認知症の高齢者が行方不明になった場合に、GPS(全地球測位システム)による位置情報端末機器を活用し、現在位置を知らせることで、高齢者の安全を確保し、家族等の精神的・経済的負担の軽減を図ります。

あんしんエスコート
(サイズ)縦4.5cm×横3.8cm×厚さ1.1cm
(重量)30g
(連続待受時間)400時間

対象者

下記対象を全て満たす方が該当となります。

  • 市内に住所を有するおおむね65歳以上の在宅生活者
  • 認知症や認知症に準ずる記憶障害と診断され、行方不明となる恐れのある方

※入院中や介護保険施設等入所の方及び心臓ペースメーカー等医療用電気機器の使用者は対象外となります。

費用

月額432円(税込)
※生活保護世帯は無料、電話通話料等は利用者の負担となります。

※消費税率引き上げに伴い、2019年10月1日以降、以下のように改定いたします。
改定前 月額432円(税込)
改定後 月額440円(税込)

申請窓口

担当地域の高齢者支援センター

このページの担当課へのお問い合わせ
いきいき生活部 高齢者福祉課 地域支援係

電話:042-724-2140

ファックス:050-3101-6180

WEBでのお問い合わせ