「(仮称)まちだユニバーサル社会推進計画(第3次町田市福祉のまちづくり推進計画)」(素案)についてご意見を募集します

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2022年9月15日

町田市では、1974年、全国に先駆けて施行した「建築物等に関する福祉環境整備要綱」や、1993年に市で独自制定した「福祉のまちづくり総合推進条例」に基づく「福祉のまちづくり推進計画」において、市内施設のバリアフリー化のハード事業や心のバリアフリーのソフト事業など福祉のまちづくりを積極的に進めてきました。その後、国は「ユニバーサル社会実現推進法」を制定し、全ての人が共生する社会である「ユニバーサル社会」の実現を地方公共団体に求めています。
町田市の次期計画策定においては、この社会情勢の変化を踏まえ、これまで先駆的に取り組んできた福祉のまちづくりを更に推し進めるため、計画名を「(仮称)まちだユニバーサル社会推進計画(第3次町田市福祉のまちづくり推進計画)」に変更し、計画素案を作成しました。
ついては、以下のとおり、素案に対するご意見を募集します。
注記:「ユニバーサル社会」とは、障がいの有無や年齢等にかかわらず、国民一人一人が社会の対等な構成員として、その尊厳が重んぜられるとともに、社会のあらゆる分野における活動に参画する機会の確保を通じてその能力を十分に発揮し、相互に人格と個性を尊重しつつ支え合いながら共生する社会をいいます。

市民意見募集の概要

募集期間

2022年9月15日(木曜日)から2022年10月14日(金曜日)まで(必着)

意見等の提出方法

御意見記入用紙又は任意の様式を郵送、ファックス、Eメール、Webフォーム又は以下の窓口へ御提出ください。

  • 郵送:〒194-8520 森野2-2-22 福祉総務課宛て
  • ファックス:050-3101-0928
  • Eメール:mcity5720@city.machida.tokyo.jp
  • Webフォーム:回答する
    右図の二次元コードからも回答できます
  • 窓口への提出:
    福祉総務課(市庁舎7階)、市政情報課(市庁舎1階)、広聴課(市庁舎1階)、男女平等推進センター(町田市民フォーラム3階)、各市民センター・連絡所・コミュニティセンター、子ども発達センター、教育センター、生涯学習センター、各市立図書館、町田市民文学館

資料の閲覧・配布

資料は、提出先窓口で閲覧及び配布を行っているほか、以下からダウンロードすることができます。

(仮称)まちだユニバーサル社会推進計画(第3次町田市福祉のまちづくり推進計画)素案

(全文)

(分割)

(仮称)まちだユニバーサル社会推進計画(第3次町田市福祉のまちづくり推進計画)概要版

意見募集のお知らせ

御意見記入用紙

注意事項

  • 「御意見記入用紙」にご記入の上提出してください。なお、指定用紙によらない場合も、住所・氏名・連絡先・件名を必ずご記入ください。
  • 電話、窓口での口頭によるご意見はお受けできません。
  • ご意見への個別回答は行いません。
  • ご意見を提出された方の個人情報は、町田市個人情報保護条例に従って、適切に取り扱います。
  • 公序良俗に反するもの、特定の団体・個人等に対する誹謗中傷が含まれているものは無効とします。
  • 寄せられたご意見の概要及び市の考え方は、個人情報を除き、2022年12月頃に公表します。

このページの担当課へのお問い合わせ
地域福祉部 福祉総務課

電話:042-724-2133

ファックス:050-3101-0928

WEBでのお問い合わせ