東京都の助成事業(特定不妊治療・不妊検査・不育症検査)について

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2019年12月13日

東京都特定不妊治療費助成事業

東京都では経済的負担の軽減を図るため、高額の治療費がかかる特定不妊治療(体外受精及び顕微授精のみ)について、医療保険が適用されない治療費の一部を助成しています。

詳細については、東京都のホームページ(東京都特定不妊治療費助成)をご覧ください。

東京都不妊検査等助成事業

東京都では、子どもを望む夫婦が早期の検査を受け、必要に応じて適切な治療を開始することができるよう、不妊検査及び薬物法や人工授精等の一般不妊治療にかかる費用の一部を助成しています。

詳細については、東京都のホームページ(東京都不妊検査等助成)をご覧ください。

東京都不育症検査助成事業

東京都では、検査により不育症のリスク因子を特定し、適切な治療及び出産につなげることができるよう、不育症検査に係る費用の一部を助成しています。

詳細については、東京都のホームページ(東京都不育症検査助成)をご覧ください。

申請書は、上記ホームページよりダウンロードできる他、町田市保健予防課窓口(市庁舎7階、町田市健康福祉会館、保健所中町庁舎、鶴川保健センター)でもお渡ししています。

なお、申請や問い合わせ先は東京都となります。

このページの担当課へのお問い合わせ
保健所 保健予防課

電話:042-725-5422

ファックス:050-3161-8634

WEBでのお問い合わせ