【中止】2020年度の狂犬病予防屋外集合注射は中止します

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2020年4月28日

【中止】2020年度の狂犬病予防屋外集合注射は全て中止します

  • 2020年度予定していました狂犬病予防屋外集合注射について、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、全て中止することとしました。
  • 例年集合注射をご利用されていた飼い主の皆様には、大変ご迷惑おかけいたしますが、ご理解ご協力お願いいたします。
  • 今年度の狂犬病予防注射は、「屋外集合注射で狂犬病予防注射をしない場合」を参考に、動物病院での接種(※)をお願いします。動物病院を受診する際には、待合室での混雑を避けるため事前に電話連絡で相談するなど、集団感染を防ぐための配慮をよろしくお願いいたします。

※注射料金は、動物病院によって異なります。

狂犬病予防注射済票を犬につけてください

狂犬病予防注射済票は、犬鑑札とともに、いつでも犬につけておくことが法律で義務付けられています(狂犬病予防法第5条第3項)。
※注射済票は毎年変わります。有効期限は当該年度内のみですので、前年度以前の注射済票は破棄してしまって結構です。

屋外集合注射で狂犬病予防注射をしない場合

4月1日から6月30日(※)までの間に、動物病院等で狂犬病予防注射を受けさせてください。
※狂犬病予防接種の時期については、狂犬病予防法に基づき毎年4月1日から6月30日までの間とされていますが、2020年度現在、国では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大状況等を踏まえ、感染症のまん延防止の観点から7月以降に受けることも可能とする方向で検討が進められています。詳細が決定しましたら、改めてこちらのホームページでお知らせいたします。

  1. 市が委託している動物病院で注射する場合
    注射後にその場で狂犬病予防注射の交付を受けることができますので、市の窓口での手続きは不要です。「町田市狂犬病予防注射済票交付申請書(ピンクのハガキ)」を持参して、動物病院で注射を受けてください。万一、ピンクのハガキを紛失した場合でも、動物病院で、指定の用紙に記入することで代えることができます。
  2. 市が委託していない動物病院等で注射する場合
    注射時に、獣医師から「狂犬病予防注射済証」(紙の証明書)が交付されますので、市の窓口で手続きをしてください。

このページの担当課へのお問い合わせ
保健所 生活衛生課 愛護動物係

電話:042-722-6727

ファックス:042-722-3249

WEBでのお問い合わせ