町田市飼い主のいない猫の不妊・去勢手術補助事業

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2021年4月8日

町田市飼い主のいない猫の不妊・去勢手術補助事業

町田市では、飼い主のいない猫の増加を抑制し、地域の良好な生活環境を守るとともに、動物愛護の意識の高揚を図るため、飼い主のいない猫の不妊・去勢手術にかかる費用の一部を補助しています。

対象者

町田市内に住所を有する個人または団体で、市内で管理されている飼い主のいない猫に、不妊・去勢手術を受けさせる方。
※手術後に自身が飼養する場合は対象外です。

補助金額

1頭につき

不妊手術(メス) 5,000円
去勢手術(オス) 2,500円
※手術費用は動物病院により異なります。

手続き

1 町田市が指定する動物病院(下記一覧)で手術を受ける。
手術後に補助金等交付申請書(第1号様式)の獣医師記入欄に獣医師の記入・押印を受けてください。
※2021年4月1日以降に手術を受けたものが対象です。
※下記一覧に掲載のない動物病院で手術を受けたものは対象外です。
指定動物病院一覧

2 生活衛生課(〒194-0021町田市中町2-13-3)に郵送または持参で以下の書類を提出する。
(1)補助金等交付申請書(第1号様式)
(2)補助金等交付請求書(第10号様式)
※書類審査を行ったのち、補助金等交付決定通知書を郵送します。補助金の振り込みは、通知発送後概ね1~2ヵ月後となります。

申請書類

以下「申請書類一式」からダウンロードができるほか、生活衛生課・各市民センター・市庁舎7階保健総務課の窓口でも配布しています。

受付期間

2021年4月1日から2022年3月31日まで(必着)
ただし、予算がなくなり次第終了となります。

注意事項

1 手術を行うにあたって

手術する前に近隣住民に聞き取りを行うなどし、飼い主がいない猫であることを必ず確認してください。

2 手術後の対応について
譲渡が可能な猫については、屋内かつ適正な環境で飼養できる方へ譲渡するよう努めてください。
手術後の猫を生息場所に戻す場合は、トイレの設置、餌の適正な管理などにより、周辺環境の美化を図り、近隣住民の理解を得るよう努めてください。
必要に応じて、猫に不妊去勢手術済みであることが分かる識別措置(耳カット・マイクロチップなど)を講ずるよう努めてください。

その他

手術をしようとしても猫が捕まらない等、お困りの際は生活衛生課愛護動物係までお問い合わせください。

地域猫活動に関するページです。

このページの担当課へのお問い合わせ
保健所 生活衛生課 愛護動物係

電話:042-722-6727

ファックス:042-722-3249

WEBでのお問い合わせ