新型コロナウイルス感染症の予防について

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2020年5月15日

新型コロナウイルス感染症とは?

これまでに報告されていない新型コロナウイルスが原因の呼吸器感染症です。発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)、強いだるさ(倦怠感)が報告されています。
重症化すると肺炎となり、死亡例も確認されています。特にご高齢の方や基礎疾患のある方は重症化しやすい可能性が考えられます。

新型コロナウイルスは飛沫ひまつ感染と接触感染によりうつるといわれています。

  • 飛沫感染:感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、他の方がそのウイルスを口や鼻などから吸い込んで感染します。
  • 接触感染:感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスがつきます。他の方がそれを触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。

以下のページによくある質問をまとめています。

予防のポイント

3密を避けること

  • 密閉空間(換気の悪い密閉空間)
  • 密集場所(多くの人が密集する)
  • 密接場面(互いに手を伸ばしたら届く距離での会話や発声が行われる)

この3つの条件が重なる場では、感染を拡大させるリスクが高いと考えられています。
部屋をこまめに換気しましょう。また、換気が悪く、人が密に集まって過ごすような空間に集団で集まることを避けてください。

手洗いをしっかりすること

流水と石鹸による手洗いが基本です。手洗いができない場面では、アルコールによる手指の消毒を行ってください。
ドアノブや電車のつり革などさまざまなものに触れることにより、自分の手にもウイルスが付着している可能性があります。外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などこまめに手を洗いましょう。
また、食器や手すり、ドアノブなど身近な物も熱水や消毒液を使ってこまめに消毒するよう心がけましょう。

手の洗い方や消毒液の作り方が掲載されています。

咳エチケットを徹底すること

咳・くしゃみをする際、マスクやティッシュ・ハンカチ、袖、肘の内側などを使って、口や鼻をおさえましょう。

体力を維持すること

活動量が減り、心身の機能が低下することが懸念されます。できる範囲で体を少しでも動かしましょう。また、免疫力を低下させないために、しっかり栄養をとることも大切です。

  • 人混みを避けて、一人や限られた人数で散歩する。
  • 家の中や庭などでできる運動(ラジオ体操、自治体のオリジナル体操、スクワットなど)を行う。
  • 家事(庭いじりや片付け、立位を保持した調理など)や農作業などで身体を動かす。
  • 座っている時間を減らし、足踏みをするなど身体を動かす。

関連リンク

東北大学が作成した、感染症予防に関するハンドブックです。

このページの担当課へのお問い合わせ
保健所 保健予防課

電話:042-724-4239

ファックス:050-3161-8634

WEBでのお問い合わせ