「風しん」にご注意を

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2018年8月27日

風しんは、風しんウイルスの感染によって起こる感染症です。主な症状としては突然の全身性発疹、発熱、リンパ節の腫れなどが出現します。妊婦や妊娠の可能性のある方については、胎児の先天性風しん症候群のおそれもあるため、周りの人から感染しないよう十分な注意が必要であり、職場や家庭での感染防止にも注意してください。

町田市では、妊娠を予定または希望する女性に対して、抗体検査及び予防接種の費用助成を実施しています。
制度の詳細につきましては、以下のリンク先をご覧ください。

「風しん」って、どんな病気?

流行しやすい時期 : 春先から初夏
潜伏期間 :  2週間から3週間(平均16日から18日)
主な症状 : 突然の全身性発疹、発熱、リンパ節の腫れなど
感染経路 : 患者さんの飛まつ(唾液や咳のしぶき)など
人に感染させる期間 : 発疹の出る7日前から発疹が出た後5日位まで

どんな人が特に注意をすればいいのですか?

症状は子供では比較的軽いのですが、まれに脳炎、血小板減少性紫斑病などの合併症をひきおこすことがあります。
大人は発熱や発疹の期間が子供に比べて長く、関節痛がひどいことが多いとされています。
また、妊婦の方が妊娠初期に風しんにかかると、胎児にも感染する場合があり、難聴、心疾患、白内障等をひきおこしたり、精神や身体の発達に影響を及ぼす可能性があります。

風しんにかからないために気をつけること

  1. 外出後の手洗い、うがい、咳エチケットに気をつけてください。
  2. 急な発疹や発熱などの症状が出た場合は、早めに受診してください。
  3. 受診する時はマスクをするなど感染を広げないよう気をつけましょう。
  4. 妊娠適齢期の方や妊婦さんと同居している方は、予防接種をお勧めします。ご希望の方は、かかりつけ医にご相談ください。
  5. 定期の予防接種の対象となる方は、市から個別にお知らせをしています。通知がきたら必ず予防接種を受けてください。

風疹の予防接種に関する情報

町田市では大人の風しんの予防接種について費用助成をしております。
詳しい内容については、こちらのページをご覧ください。

このページの担当課へのお問い合わせ
保健所 保健予防課

電話:042-724-4239

ファックス:050-3161-8634

WEBでのお問い合わせ