新型コロナウイルス感染症に関する市長から市民の皆様への緊急メッセージ(2月18日)

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2021年2月18日

2021年2月18日

既に報道でご存じのとおり、アメリカのファイザー社が開発した新型コロナウイルスのワクチンが、2月14日に厚生労働省の承認を受けました。国内で承認されたのは初めてということで、今後の新型コロナの収束に、ようやく希望の光が差してきました。
ワクチンの接種は、まずは、私たちの健康を支える医療従事者の方からとなりますが、4月からは、65歳以上の高齢の方から順次、市民の皆様に接種していただけるように、市では全力を挙げて準備を進めています。
2月15日には、新型コロナワクチン接種相談コールセンターを設置しました。市民の皆様からのワクチン接種に関するご質問にお答えしています。
このコールセンターでは、ワクチンに関連した不審電話に関する相談にも対応します。新型コロナについては、これまでにも都内各所で、架空のPCR検査の事前予約をかたった詐欺の電話、いわゆる「アポ電」が、高齢者のお宅にかかってきていると聞いています。今後、ワクチン接種についても、こうしたアポ電がかかってくることが考えられます。不審な電話がかかってきたら、まず、警察に一報を入れるとともに、このコールセンターにも相談してください。健康はもちろんのこと、財産的な被害からも皆様をお守りしたいと考えております。
最近では、感染者数が減ってきたとはいえ、まだまだ重症患者は多く、緊急事態宣言が続いています。
感染予防や自粛生活が長引くことで、ストレスを感じている方も増えてきているのではないか、と思います。
しかし、こんな時こそ、寛容な心を忘れずにいたいと思います。イライラする気持ちを抑えつつ、一人ひとりが思いやりを持った言動や態度を心掛ければ、きっと世の中全体が寛容な雰囲気に変わるのではないでしょうか。
一日も早く日常生活を取り戻すためには、感染者数を減らすしかありません。「うつさない。うつらない。」の気持ちを強く持ち、市民みんなで力を合わせて感染予防に努め、この難局を乗り切りましょう。

町田市長 石阪 丈一

このページの担当課へのお問い合わせ
政策経営部 企画政策課

電話:042-724-2103

ファックス:050-3085-3082

WEBでのお問い合わせ