医療機関等で新型コロナウイルス感染症の検査結果が陽性となった方へ

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2021年8月26日

医療機関等から新型コロナウイルス感染症発生届が町田市保健所に提出されます。保健所で受付後に職員から電話連絡をいたします。
現在、感染者の数が急増しております。順次、保健所から連絡をしておりますので、保健所からの連絡をお待ちくださいますようお願いいたします。
保健所から連絡が入る前に、体調が悪化した場合は、東京都発熱相談センター(電話:03-5320-4592)へお電話ください。(受付時間:土曜日、日曜日、祝日を含む、24時間)

電話連絡で確認すること

1 体調確認・濃厚接触者の確認

保健所から陽性者ご本人へ、体調確認をするための電話をいたします。
ご家族等同居の方の状況についても確認いたします。
保健所からフォーム送付の案内を受けた方は以下ア、イのご対応をお願いいたします。
対象の方に検査のご案内をいたします。
ア.「濃厚接触者情報入力フォーム」の送付をお願いいたします。
【注意点】
・濃厚接触者情報入力フォームの送付のみでは、検査の案内はお送りできません。必ず、「陽性者及び同居者状況調査シート」を提出してください。
・同居の方に複数の陽性者がいる場合でも提出は一度となります。
・後から、同居の方の陽性が判明した場合にフォームの再度の提出は不要です。検査を改めて受ける必要はありません。
・「濃厚接触者情報入力フォーム」からご質問をいただいた場合にはご回答しかねますので、ご了承ください。

イ.下記の「陽性者及び同居者状況調査シート」を提出してください。
提出先のメールアドレスは、濃厚接触者情報入力フォームを送付していただいた方に、保健所からメールで案内いたします。
「陽性者及び同居者状況調査シート」を提出していただいた方には、検査の案内をお送りします。
【注意点】
・スマートフォンのメールアドレス等をご利用の場合、設定によりメールが受信できない場合があります。指定受信設定をされている場合は、ドメイン@city.machida.tokyo.jpを受信可能に設定してください。
NTTドコモ:迷惑メール対策の設定一覧
au:迷惑Eメール防止方法
ソフトバンク:迷惑メールブロック設定方法
・同居の方のうち、すでに陽性と診断されている方については、「陽性者及び同居者状況調査シート」への記載は不要です。
・同居の方全員について、すでに陽性と診断されている場合は送付不要です。
・修正等があり、再提出いただく場合には、同一世帯の方の場合にも、検査の案内の時期がずれることがあります。

なお、療養にあたり、以下のページも参考にしてください。

濃厚接触者については以下のページを参照してください。

2 療養先等の調整

ご本人の状況により、自宅・宿泊療養、入院先の調整をいたします。
なお、自宅・宿泊療養では、改めてのPCR検査は実施しません。
宿泊療養が決まった際は、東京都の車でご自宅から宿泊先まで送ります。
退所の際は、ご自身での帰宅となります。
宿泊療養は、準備が必要なものがあります。

  • 保険証、体温計、バスタオル・タオル類、ナイトウェア等、服用中の薬

(注記)服用中の薬は必要な量を余裕を持ってご用意下さい。
(注記)宿泊療養中は、洗濯が出来ませんので、入所期間必要な分をご用意ください。

3 療養終了

自宅療養

症状のある方

療養終了基準は、発症日から10日間経過し、かつ症状軽快後72時間経過していることです。治療内容、症状等により主治医の判断に従っていただきます。

症状のない方

検体採取日から10日間経過した時点で、療養期間が終了となります。ただし、症状に大きな変化がある際は必要に応じて入院継続または療養期間を延長していただく場合もございます。

入院・宿泊療養

退院・退所し、自宅に戻られますと、原則その日で療養終了となります。
症状が継続していて、病院や宿泊施設から保健所と連絡をとるように案内があった場合は、保健所に連絡をいただきますよう、お願いいたします。

注意事項

療養までの間、下記についてご留意いただき、ご自身の体調管理とともに感染拡大防止にご協力をお願いします。

1日2回検温をして、体調を注意深く観察してください

外出や周囲の方との接触は避けてください

  • 自宅で過ごしていただき、自宅内でも必要最小限の行動にとどめてください。
  • ご家族など同居の方も、生活上、必要な外出を除き、不要不急の外出は控えましょう。外出する場合はマスクを着用してください。

同居者がいる場合は下記の点について注意してください

  • 家庭内ではタオルの共用を避け、可能な限り空間を分けて生活してください。
  • 咳エチケットと石けんと流水での手洗い、アルコール消毒を心がけてください。
  • 手を触れる共用部分は70パーセントアルコールまたは次亜塩素酸ナトリウムで消毒してください。
  • 鼻をかんだティッシュはすぐにビニール袋に入れて密封して廃棄してください。

退院、退所後の生活について

退院、退所時点では、他の人への感染性はないと考えられますが、稀な事例として、その後に再度陽性となる例が確認されています。そのため、退院、退所後4週間は以下の点に留意ください。

一般的な衛生対策を徹底してください

  • 石けんやアルコール消毒液を用いて手洗いをしてください。
  • 咳エチケット(マスクやティッシュ、ハンカチ、袖、肘の内側などを使って口や鼻をおさえる、マスクの着用等)を守ってください。

健康状態を毎日確認してください

毎日、体温測定を行い、発熱(37.5℃以上)の有無を確認してください。

退院、退所後に症状が出た場合の連絡先

息苦しさや強い倦怠感などの症状がみられたら、すぐに下記に連絡してください。

  • 東京都発熱相談センター
    電話:03-5320-4592
    受付時間:24時間対応(土曜日・日曜日・祝休日を含む)
  • 町田市発熱相談センター
    電話:042-724-4238
    受付時間:午前9時から午後5時まで(土曜日・日曜日・祝休日は除く。)

このページの担当課へのお問い合わせ
保健所 保健予防課

電話:042-724-4239

ファックス:050-3161-8634

WEBでのお問い合わせ