新型コロナウイルス感染症対策における屋外・屋内でのマスクの着用の考え方について

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2022年12月15日

厚生労働省から、2022年5月20日付け事務連絡にて、新型コロナウイルス感染症対策における「マスクの着用の考え方」が示されました。
マスクの着用は、これまでと変わらず、基本的な感染防止対策として重要なものです。ただし、屋外と屋内の別、人との距離や会話の有無により、マスクの着用が必要でないとされる場面もあります。
また、夏場などの暑熱環境のもとでは、熱中症の予防の観点から、屋外でのマスクの着用の必要のない場面では、マスクを外すことを推奨されています。

屋外・屋内でのマスクの着用について

屋外の場合

屋外でのマスクの着用の考え方
  2メートルの距離が確保できる 距離が確保できない
会話をする マスクの着用は必要なし マスクの着用を推奨
会話をほとんど行わない マスクの着用は必要なし(注記1) マスクの着用は必要なし(注記2)

(注記1)一例として、「公園での散歩やランニング、サイクリング」などが該当します。
(注記2)一例として、「徒歩や自転車での通勤など、屋外で人とすれ違う場面」などが該当します。

屋内の場合

屋内でのマスクの着用の考え方
  2メートルの距離が確保できる 距離が確保できない
会話をする マスクの着用を推奨
(十分な換気など感染防止対策を講じている場合は、マスクを外すことも可)
マスクの着用を推奨
会話をほとんど行わない マスクの着用は必要なし(注記3) マスクの着用を推奨

(注記3)一例として、「距離を確保して行う図書館での読書、芸術鑑賞」などが該当します。ただし、各施設等におけるマスクの必要性については、各施設等にご確認ください。

その他

  • 夏場などの暑熱環境のもとでは、熱中症の予防の観点から、屋外でのマスクの着用の必要のない場面では、マスクを外すことを推奨します。
  • 新型コロナウイルス感染症の感染拡大リスク等の観点から、高齢の方と会う時や、病院に行く時は、マスクを着用しましょう。
  • 通勤ラッシュ時や人混みの中では、マスクを着用しましょう。
  • マスクの着用の有無にかかわらず、体調不良時の出勤、登校、移動は控えるようにしましょう。

マスクの正しい着用方法については、こちらをご参照ください。

周知用リーフレットについて(2022年5月25日付け厚生労働省事務連絡)

厚生労働省にて、マスクの着用の考え方についての周知用リーフレットが作成されました。

周知用リーフレットについて(2022年10月14日付け厚生労働省事務連絡)

厚生労働省にて、場面に応じた適切なマスクの着脱についての周知用リーフレットが作成されました。
あわせて、2022年10月11日から実施されている国際的な人の往来の再開に関連し、外国から来日される方の増加の可能性を踏まえ、英語版の周知用リーフレットが作成されました。

関連情報

このページの担当課へのお問い合わせ
保健所 保健予防課

電話:042-724-4239

ファックス:050-3161-8634

WEBでのお問い合わせ