3回目接種

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2022年9月22日

町田市では個別接種はファイザー及びモデルナ、集団接種はファイザー、モデルナ及びノババックスを使用して接種を進めていきます。

  • 4月8日追記
    令和4年3月25日付の国の通知を受け、これまで3回目接種の対象ではなかった12歳から17歳についても、ファイザーを使用し追加接種(3回目)を進めていきます。
    注記:12歳から15歳の方の接種は、保護者の同意と同伴が必要です。
  • 5月25日追記
    2022年5月25日付の国からの「新型コロナウイルス感染症に係る予防接種の実施に関する手引き(第8版)」を受け、ファイザー、モデルナでの3回目接種における接種間隔が「5か月以上」に変更となりました。
  • 6月23日追記
    2022年4月19日に「武田社ワクチン(ノババックス)」が1回目から3回目接種に使用するワクチンとして薬事承認されました。
    町田市でも2022年7月から生涯学習センターで接種を開始します。
    注記:武田社ワクチン(ノババックス)の接種対象者は18歳以上の方です。

ノババックスの概要・接種対象者・実施日についてはこちらのページをご覧ください

接種対象者

以下の条件をすべて満たす方が、追加接種(3回目)の対象者となります。

  • 2回目接種を完了した日から、ファイザー、モデルナの場合は5か月以上経過した方、ノババックスの場合は6か月以上経過した方
  • 12歳以上の方
  • 日本国内において2回目接種を完了した方、または以下の方法で、ファイザー・モデルナ・アストラゼネカ・ノババックスいずれかのワクチンを2回目接種した方
  1. 海外で2回接種した方
  2. 成田空港または羽田空港(外務省の海外在留邦人等向け新型コロナワクチン接種事業)で2回接種を受けた方
  3. 在日米軍従事者として2回接種を受けた方
  4. 製薬メーカーの治験で2回接種を受けた方

接種間隔について

2022年5月25日付の国からの「新型コロナウイルス感染症に係る予防接種の実施に関する手引き(第8版)」を受け、
ファイザー、モデルナでの3回目接種における2回目接種完了日からの接種間隔がこれまでは「6か月以上」でしたが「5か月以上」に変更となりました。

接種回数・使用するワクチン

  • 接種回数:1回
  • 使用するワクチン:ファイザー、モデルナ、ノババックス

注記:12歳から17歳の方に使用するワクチンはファイザーのみとなります。

モデルナも3回目の接種に使用できるようになりました。

7月から町田市でも武田社製ワクチン(ノババックス)の接種を開始します。

ファイザー社ワクチン及び武田/モデルナ社ワクチンの有効期限の取扱いについて

上記ページの「接種に関するお知らせ」に記載があります。

接種券の発送について

接種券は、2回目接種完了した日のおおむね5か月後に届くよう発送します。
注記:大規模接種会場や職域接種等で接種された方で、接種記録(予診票)が市に届いていない方は、市が接種状況が確認でき次第発送しています。

予約方法について

1回目・2回目接種と同様に、電話またはインターネットでの予約となります。3回目の接種券がお手元に届きましたら、どちらかの方法で予約をお願いいたします。
なお、市役所、市民センター、各接種会場(各医療機関、集団接種会場)では、予約を受け付けていませんのでご注意ください。

2回目接種から5か月以上の考え方

追加接種(3回目)が可能となる、「2回目接種を完了した日から5か月以上経過した日」とは、2回目接種を行った日から5か月後の同日(例1)と考えます。
また、5か月後に同日がない場合は、その翌月の1日(例2)から接種可能と考えます。
例1:2021年9月3日に2回目接種を完了した場合、2022年2月3日から追加接種(3回目)を受けることができる
例2:2021年9月30日に2回目接種を完了した場合、2022年3月1日から追加接種(3回目)を受けることができる

2回目接種から5か月以上の考え方

交互接種(1回目・2回目接種とは異なるワクチンを使用)の効果と安全性が確認されています

日本では現在、3回目接種に関して、ファイザー社、武田/モデルナ社又は武田社ワクチン(ノババックス)のワクチンが薬事承認されていますが、1回目・2回目接種時に用いたワクチンの種類に関わらず、どのワクチンでも十分な効果と安全性が確認されています。
1回目・2回目接種でファイザー社ワクチンを受けた人が、3回目でファイザー社ワクチンを受けた場合と、武田/モデルナ社のワクチンを受けた場合のいずれにおいても、抗体価が十分上昇することが報告されています。

ワクチンの組み合わせによる抗体価

関連情報

このページの担当課へのお問い合わせ
保健所 保健予防課

電話:042-725-5422

ファックス:050-3161-8634

WEBでのお問い合わせ