このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
町田市


サイトメニューここまで
現在のページ

トップページ の中の 文化・スポーツ の中の スポーツ情報 の中の 祝!甲子園出場!日本大学第三高等学校(日大三高)の壮行会を行いました! のページです。

本文ここから

祝!甲子園出場!日本大学第三高等学校(日大三高)の壮行会を行いました!

更新日:2018年8月2日

日大三高が西東京代表として8月5日(日曜日)開会の甲子園を戦います!

7月7日(土曜日)より行われていた高校野球西東京大会において、並み居る強豪校を破り、見事日大三高が優勝しました。
これにより、日大三高は8月5日(日曜日)より始まる第100回全国高等学校野球選手権記念大会に、西東京代表として出場します。
日大三高の初戦の相手は折尾愛真(北福岡代表)で、8月10日(金曜日)の第2試合で12時から試合開始です。
ぜひとも日大三高の選手達に熱いご声援をお願いします!

甲子園出場の報告

西東京大会を振り返る小倉監督(写真左奥)

壮行会に先立ち、日大三高の小倉監督、新井校長、三木部長、日置主将が市長を表敬訪問し、西東京大会の振り返りと甲子園出場の報告をされました。
小倉監督は、「片倉、東海大菅生、日大鶴ケ丘と厳しい試合が続いたが、主将のホームラン等もあり勝利することができた。選手達には、春にも甲子園に行ったという自信を持ってほしい」と語られました。

甲子園に向けた決意と激励

市庁舎1階のワンストップロビーに大勢の市民、職員が集まる中、激戦を戦い抜いた小倉監督、選手らが並び、壮行会を行いました。
石阪市長は、「100回記念大会である今大会で、ぜひ優勝目指して頑張ってほしい」とエールを送りました。
これに対し小倉監督は、「町田市の皆様の応援が力になる。優勝旗を目指して戦います」と力強く語られました。
日大三野球部を率いる日置主将は、「西東京大会では、持ち味の粘り強い野球で勝つことができました。甲子園でも、一戦一戦必死に食らいつき、3年間の思いをぶつけたいです」と甲子園への決意を述べました。

日大三高にエールを送る石阪市長

決意を表明する日置主将

このページの担当課へのお問い合わせ

担当課:
文化スポーツ振興部 スポーツ振興課
電話:
042-724-4036
FAX:
050-3101-0488

WEBでのお問い合わせはこちら(専用フォームへのリンク)